妖怪 人間 ベラ。 妖怪人間ベラが女子高生に!森崎ウィン、emmaら出演の実写映画9月公開

妖怪人間の最終回!?ベム・ベラ・ベロは人間になれたのか?最後の敵は・・・

妖怪 人間 ベラ

1968年にテレビアニメが放送され、実写ドラマや映画でリメイクされている『妖怪人間ベム』。 同作に登場するベラに焦点をあて、年齢設定を大人の女性から女子高生に設定した映画『妖怪人間ベラ』が、9月11日に劇場公開されることが、発表された。 ベラによって狂わされていく主人公を、ベラをモデルのが演じる。 『妖怪人間ベム』は、醜い妖怪の姿をした「ベム」「ベラ」「ベロ」の3人が時に人間を守り、時にその容姿から理由もなく迫害されるが、それでも「はやく人間になりたい」と叫び続け、人間になれる日を夢見て人間界のために悪と戦い続ける姿を描いた昭和史に残る名作。 11年には、亀梨和也主演で実写ドラマ化もされ、女優の杏、鈴木福が出演し、映画化もされるなど話題作となった。 さらに、今秋には完全新作アニメの劇場版公開が決まっている。 ベラ役に抜てきされたemmaは、イギリスと日本のハーフで13年にモデルデビュー。 現在はファッション雑誌『ViVi』の専属モデルを務め、バラエティ番組などでも活躍している。 『TOKYO GIRLS COLLECTION』などファッションショーにも数多く出演しており、ティーン世代を中心に人気を集めている。 メガホンをとるのは、『貞子3D』(12年)などホラー映画から『高校デビュー』(11年)、『あさひなぐ』(17年)や『ぐらんぶる』(8月7日公開)などを手がけている監督。 キャスト陣は森崎、emmaのほかに、、、、、ら、ベテランから若手俳優までのキャストが集結した。 主題歌はの新曲「BARABARA」。 予想もしなかった衝撃の結末に狂いそうになる新田。 一方、転校先の学校でも周りとは明らかに違う雰囲気を持ちながら物静かなベラ(emma)はいつも一人ぼっち。 彼女に興味を抱いた同級生の牧野沙織(桜田)は、仲良くなろうと近づくが、沙織の精神は得体のしれない狂気にむしばまれながら病んでいく。 さらに、ベラを追う新田も徐々に狂気的な行動が目立つようになり、妻・鮎美(堀田)との間にも不穏な空気が流れるようになっていく。 そんな夫を不安に思った鮎美は探偵の霧島(六角)に調査を依頼。 そしてやがて訪れるベラとの出会い。 霧島の真の目的。 ベムとベロの行方。

次の

“妖怪人間ベラ”emma、森崎ウィンを狂わせる… 女子高生の設定でベラを描く実写映画、9月11日公開 : ニュース

妖怪 人間 ベラ

「妖怪人間」というのは、 1968 年から 1969 年に放送された動物とも人間とも言えないような 奇怪な姿かたちをした 異形の者たちが、 その醜い姿ゆえに人々から迫害を受けながらも、悪人や妖怪に虐げられている弱き人々を正義の心によって助け、 いつか本当の人間の姿になれる日を夢見て悪と戦い続ける物語が描かれている 『妖怪人間ベム』という題名の テレビアニメ作品に登場する 「ベム」「ベラ」「ベロ」という名の 三人の主人公たちのことを意味する言葉ですが、 こうした 『妖怪人間ベム』と呼ばれる1960年代に制作された 古いテレビアニメ作品は、その 独特との世界観と雰囲気から、四十年近くもの年月が過ぎたのちの 2006 年に 『妖怪人間ベム HUMANOID MONSTER BEM 』というタイトルで原作の設定に大きなアレンジが加えられた 第二作目の作品が制作されたほか、 最近では、 2017 年になって 第 1 作目の『妖怪人間ベム』が再放送されると同時に 『俺たちゃ妖怪人間』と 『俺たちゃ妖怪人間 G (ジー)』というタイトルの ギャグテイストの短編テレビアニメとしてリメイクされたことでも有名な テレビアニメ界における 金字塔的な作品のひとつとしても位置づけられることになると考えられることになります。 それでは、 こうした 『妖怪人間ベム』というタイトルの言葉の内に含まれているこの物語の主人公のことを意味する 「ベム」という言葉、 そして、残りの二人の主人公である 「ベラ」と「ベロ」という言葉は、それぞれ 具体的にどのような語源的な由来を持つ言葉であると考えられることになるのでしょうか? スポンサーリンク 「ベム」という言葉の由来とアメリカなどの海外のSF作品との関係 まず、 こうした 『妖怪人間ベム』という題面自体の内にも含まれている三人の主人公のうちの筆頭に挙げられる人物のことを意味する 「ベム」という言葉は、 この物語の 2006 年に制作された 第二作目の作品においても 『妖怪人間ベム HUMANOID MONSTER BEM 』と記されているように、 英語では BEM (ベム)と表記されることになります。 そして、 こうした英語におけるBEM(ベム)という言葉自体は、必ずしも「妖怪人間」として知られているこの キャラクター自体の固有名詞としてだけ用いられている言葉ではなく、もともとは、 英語における Bug-Eyed Monster (バグ・アイド・モンスター)、すなわち、 「昆虫の目玉を持つ怪物やエイリアン」のことを意味する言葉であったと考えられることになります。 スポンサーリンク 「ベラ」と「ベロ」の由来とカマキリに代表される肉食昆虫の姿 それでは、次に、 こうした 「ベム」( BEM )という言葉自体の由来に対して、「妖怪人間」に登場する残りの二人の主人公である 「ベラ」と「ベロ」という 二つの名前の由来はどのような言葉に求められることになるのか?ということについてですが、 まず、こうした二つの名前のうちの前者である ベラ( BELA )に含まれている LAという語の部分は、 フランス語においては la (ラ)という語は 女性名詞のことを表す 定冠詞とされていることからも分かる通り、 「女性」のことを意味していると考えられ、 それは、 英語における Lady (レディー)のLaを表しているとも考えられることになります。 つまり、そういった意味では、 上述した ベム( BEM )という言葉の語源となる言葉の意味をそのまま ベラ( BELA )という言葉にも当てはめてみるとするならば、 こうした ベラ( BELA )という言葉は、 Bug-Eyed Lady (バグ・アイド・レディー) 、すなわち、 「昆虫のような目をした女」といった意味を表す言葉であると考えられることになるのです。 そして、それに対して、後者の ベロ( BELO )に含まれている LOという語の部分は、 英語における Low (ロウ)や Little (リトル)、すなわち、 「小さな子供」のことを意味していると考えられ、 こうした ベロ( BELO )という言葉は、その言葉が示す具体的な意味合いとしては、 Bug-Eyed Little Monster (バグ・アイド・リトル・モンスター)、すなわち、 「昆虫のような目をした小さな怪物」といった意味を表す言葉であると考えられることになるのです。 ・・・ ちなみに、そう言われてみると、 「妖怪人間」の主人公の一人である 「ベロ」が、人間の姿から自分本来の妖怪の姿へと変化した後の姿かたちは、 基本的には、 三本の指を持ち、 巨大な頭部のうちの 左右の脳の部分が 黄色く透けたようなグロテスクな形状に膨れている 緑色の体色をした 醜い人型爬虫類のような姿として描かれていると考えられることになるのですが、 こうした 妖怪人間としての「ベロ」の姿は、遠目で見ると、 緑色の体色をした逆三角形の大きな顔に 無数の複眼が集まって 二つの巨大な黄緑色の眼球がついている カマキリの顔に似ているようにも見えなくはないので、 まさに、 そうした カマキリに代表されるような 肉食昆虫の姿かたちを一つのモチーフとすることによって、 こうした 「ベム」「ベラ」「ベロ」と呼ばれる 奇怪な姿かたちをした 三人の妖怪人間の姿が生み出されていくことになったとも考えられることになるのです。 ・・・ 次回記事: 前回記事: 「」のカテゴリーへ 「」のカテゴリーへ カテゴリー• 844• 641• 118• 184• 539• 141• 204• 333• 278• 593• 338• 153• 143• 310• 240• 125•

次の

妖怪人間ベム

妖怪 人間 ベラ

Contents• 人間の魂を抜いて食べる妖怪姉妹にベロが捕まる 最終回「亡者の洞穴」は、人間の魂を抜いて食べてしまう妖怪姉妹が登場します。 ベム・ベラ・ベロの3人は、妖怪姉妹が住む街にやって来ました。 街に通じる線路を大きな岩が塞いでいたので、ベムたちは妖怪の姿に戻って大岩を動かします。 妖怪が大岩に取り付いているのを見た人間たちは、ベムたちが線路に岩を置こうとしていると誤解して、3人に襲いかかります。 人間たちから逃れようとして、ベロは怪しい姉妹を見かけ、その後をつけていきます。 ベロは妖怪姉妹に捕まり、地下室に閉じ込められてしまいます。 地下室には、妖怪姉妹に捕らえられた人間が大勢閉じ込められていました。 また、地下室の奥の穴には、妖怪姉妹に魂を食べられた亡者たちが、死ぬこともできずにうごめいていました。 ベロはその様を見て驚きます。 妖怪人間が人間になれる方法があった!ベムがその方法を実践しなかった理由は? ベロも妖怪姉妹に食べられそうになります。 しかし、ベロの魂は妖怪の姿をしており、妖怪姉妹は「この子は人間ではなかったのだね!」と驚きます。 妖怪姉妹は、魂を抜いたベロの肉体と、妖怪の姿をしたベロの魂を亡者の穴に捨ててしまいます。 その様子の一部始終を見ていたベムとベラは、ある事に気づきます。 魂を抜かれた人間の肉体に自分たちの魂を入れ替えれば、念願の人間になれるのです。 ベムとベラは、ベロの魂を人間の子供の体に入れ替えることを考えます。 ベラは、ベロと近い年齢の少年を見て、ベロの魂を入れることをベムに提案します。 しかし、ベムは「この子を殺すことになる」と、ベラを押しとどめます。 「自分たちが人間になってしまったら、悪い妖怪を見つけることができなくなってしまう」とも、ベムは言いました。 スポンサーリンク 妖怪人間の最後の敵は?正義の魂は死ぬはずがない!? ベラもベムの言い分を認めて、人間になるのを諦めます。 ベムたちは妖怪姉妹に囚われていた人間たちを逃がしました。 捕まえていた人間たちが逃げ出したのを知った妖怪姉妹は、ベムたちに襲いかかります。 ベムは、一度は食べられそうになりますが、危ういところで妖怪姉妹を倒します。 妖怪姉妹が死んで、妖怪姉妹に食べられた魂が元の肉体に戻っていきました。 ベロの魂もベロに戻りました。 そこへ、市民の通報で駆けつけた警官隊が現れ、妖怪姉妹の屋敷を取り囲みました。 屋敷は、警察署長の命令で焼き払われました。 焼き尽くされた屋敷の廃墟から、ベムたちの遺品のかけらが見つかりました。 「妖怪人間ベム」の最終回は、3人の姿がおぼろに浮かんで消えます。 そして、「彼らの正義の魂が死ぬはずはない」というナレーションが入ります。 妖怪人間が妖怪の姿で生き続けながら、人間らしい魂を持って活躍しているという暗示で最終回は幕を下ろします。 スポンサーリンク.

次の