エクセル グラフ 固定 スクロール。 スクロールロックの設定/解除方法3つと、ショートカットを解説

【Excel】エクセルでグラフにスクロールバー配置してスクロールできるようにする方法

エクセル グラフ 固定 スクロール

分割表示にして、上と左の表示を固定することはできます。 下にスクロールしても上の表示は固定。 右にスクロールしても左の表示は固定。 ただし、No. 1の回答に添付された図のように、十字の4分割しかできません。 その状態で「ウインドウ枠の固定」を行うと、右下のウインドウが上下左右にスクロールできる形になります。 ですので集計部分を上の行に作るのが良いでしょう。 常に表示する必要があれば、十字に分割された左上に作ると良い。 (4分割されたウインドウのどこを固定するかを勝手に決めることはできない) ・・・ どうしても右側に表示させたいのであれば、VBA(マクロ)で小さなウインドウを開き、そこに集計結果を表示。 それを画面の動きに合わせてスクロールするように工夫でしょうか。 A ベストアンサー Excelではスクロールによるイベントがないので代替案として、選択セルを変更した際に (相対的に)同じ座標にオブジェクトを移動させます。 仮にB3の位置に図(ZU)が貼ってあります。 Shapes "ZU". Cells ActiveWindow. Top. Shapes "ZU". Cells ActiveWindow. Left End With End Sub これでスクロールバーでスクロールしている最中は無理ですが、どこかセルをクリックすれば 図が表示されます。 Excelではスクロールによるイベントがないので代替案として、選択セルを変更した際に (相対的に)同じ座標にオブジェクトを移動させます。 仮にB3の位置に図(ZU)が貼ってあります。 Shapes "ZU". Cells ActiveWindow. Top. Shapes "ZU... Q 現在画像のようにオートフィルタとウィンドウ枠の固定機能を使用しているファイルがあります。 そこにワードアートで「打ち間違い注意」のような注釈を付けたいのですが、 このシートをスクロールした時に、ワードアートだけ常に見える位置に表示する方法はありませんか? スクロールしてもワードアートの部分だけスクロールで上に消えていってしまわないようにしたいのです。 ワードアートは画像化してもいいです。 (必ずしもワードアートでなくても良い、目立つ注釈であれば何でもいいです。 ) 簡単なVBAでファイルを開いた時にアラートが出るようにしたらどうかと提案したら、 アラートだけでは地味で目立たないからと上司に却下されてしまいました。 ウインドウを縦に分割してみましたが分割しても一緒にスクロールされてしまうし… Windows7でExcelは2003です。 VBAは初歩的な部分が少し分かる程度です。 よろしくおねがいします。 A ベストアンサー No. 4の回答者です。 ラベル幅を変更する方法以外だと、新規ラベルを追加し、2つのラベルで 改行風にする方法もありますね。 文字サイズなどは[プロパティ]やマクロ指定でできると簡単にできると 思います。 239-programing. officepro. html [ ForeColor ]がフォントの色で、[ Font ]でフォント名やサイズを指定 できます。 そのほかの項目も、いろいろ試してみれば理解できると思います。

次の

エクセルの図形、グラフ、画像を固定にする4つの方法

エクセル グラフ 固定 スクロール

・表の一番左上のセルA12を選択しても同様の操作ができますが、ここでは、分かりやすく12行目全体を選択していきます。 2 「表示」タブから、「ウィンドウ枠の固定」を選択し、一番上の「ウィンドウ枠の固定」をクリックします。 3 11行目で表が固定され、12行目以下の項目を自由に動かし、画面表示できるようになりました。 複数の列を固定する Excelで複数の列を固定したい場合の手順 1 まずは、固定したい列の、次の列を選択します。 例えば、 シートのH列までを固定する場合は、I列を選択します。 ・表の一番左上のセルI1を選択しても同様の操作ができますが、ここでは、分かりやすくI列全体を選択していきます。 2 「表示」タブから、「ウィンドウ枠の固定」を選択し、一番上の「ウィンドウ枠の固定」をクリックします。 3 表がH列目で固定され、I列以下の項目を自由に動かし、画面表示できるようになりました。 固定した複数の行と列を解除する 固定した複数の行を解除したい場合の手順 1 11行目で固定されているウィンドウ枠を解除していきます。 2 「表示」タブから「ウィンドウ枠の固定」を選択し、一番上の「ウィンドウ枠固定の解除」をクリック。 3 ウィンドウ枠が解除され、表が元の形式に戻りました。 固定した複数の列を解除したい場合の手順 1 H列目で固定されているウィンドウ枠を解除していきます。 2 「表示」タブから、「ウィンドウ枠の固定」を選択し、「ウィンドウ枠の解除」をクリック。 3 ウィンドウ枠が解除され、表が元の形式に戻りました。 まとめ Excelの「ウィンドウ枠の固定」を使えば、複数の行や列を固定、それを解除するのも簡単にできます。 Excelで表データなどを作成する際、このやり方を覚えておけば、さまざまな場面で役に立てられるでしょう。 (学生の窓口編集部).

次の

エクセルで複数の行と列を固定してスクロールする方法と解除

エクセル グラフ 固定 スクロール

・表の一番左上のセルA12を選択しても同様の操作ができますが、ここでは、分かりやすく12行目全体を選択していきます。 2 「表示」タブから、「ウィンドウ枠の固定」を選択し、一番上の「ウィンドウ枠の固定」をクリックします。 3 11行目で表が固定され、12行目以下の項目を自由に動かし、画面表示できるようになりました。 複数の列を固定する Excelで複数の列を固定したい場合の手順 1 まずは、固定したい列の、次の列を選択します。 例えば、 シートのH列までを固定する場合は、I列を選択します。 ・表の一番左上のセルI1を選択しても同様の操作ができますが、ここでは、分かりやすくI列全体を選択していきます。 2 「表示」タブから、「ウィンドウ枠の固定」を選択し、一番上の「ウィンドウ枠の固定」をクリックします。 3 表がH列目で固定され、I列以下の項目を自由に動かし、画面表示できるようになりました。 固定した複数の行と列を解除する 固定した複数の行を解除したい場合の手順 1 11行目で固定されているウィンドウ枠を解除していきます。 2 「表示」タブから「ウィンドウ枠の固定」を選択し、一番上の「ウィンドウ枠固定の解除」をクリック。 3 ウィンドウ枠が解除され、表が元の形式に戻りました。 固定した複数の列を解除したい場合の手順 1 H列目で固定されているウィンドウ枠を解除していきます。 2 「表示」タブから、「ウィンドウ枠の固定」を選択し、「ウィンドウ枠の解除」をクリック。 3 ウィンドウ枠が解除され、表が元の形式に戻りました。 まとめ Excelの「ウィンドウ枠の固定」を使えば、複数の行や列を固定、それを解除するのも簡単にできます。 Excelで表データなどを作成する際、このやり方を覚えておけば、さまざまな場面で役に立てられるでしょう。 (学生の窓口編集部).

次の