イナゴ中国。 中国雲南省に隣国ラオスから大量のイナゴが侵入。人民解放軍が無人機で殺虫対応しているが

中国「イナゴ襲来」大飢饉ピンチ 新型コロナとのWショック

イナゴ中国

農業が盛んな広西チワン族自治区桂林市全州県でこのほど、バッタの大群が襲来した。 最近、中国当局が「食糧生産用地」を確保する方針を打ち出し、今後、食糧危機が起きる可能性が高いとの見方が出ている。 インターネットで投稿された現地の写真を見ると、農作物だけではなく、柵や住宅、生産者の服までもバッタが隙間なく覆っている。 「恐ろしい光景だ」と撮影者が驚きの声を上げた。 ネットに「大規模襲来の前兆だ」「恐れたことが現実になった」「今から手を打たないと、制御不能になる」との書き込みが相次いだ。 現時点で、全州県政府が公式に発表した被害面積は数百畝(一畝=667㎡)に及ぶ。 今起きている長江流域の洪水とバッタによる被害で、今後、中国国内に食糧危機が起きる可能性が出ている。 四川省成都市農村農林局がこのほど、「食糧生産用地」の確保を進めている。 農家に果樹などの栽培を取りやめ、イネなどの植え替えを推奨している。 一畝あたりに3000元(約4万5000円)の補助金を支払うという。 米メディア、ラジオ・フリー・アジア(RFA)のインタビューで、同市担当者は「食糧生産用地の確保政策は全国で実施している」と述べた。 湖北省孝感市の幹部がRFAに対して、同市も食糧生産用地の確保に取り組んでいると認めた。 成都の農家によると、小麦より果樹栽培の収益性の方が数十倍も高い。 それでも、政府が小麦栽培への切り替えを要求しているのは、食糧備蓄の不足が考えられる。 アメリカとの対立が高まるなか、中国当局は国内の食糧備蓄が不足しているにも関わらず、アメリカからの食糧の輸入を停止した。 重慶市のある関係者はRFAに対して、現地の倉庫に備蓄されている食糧は上の段だけ、下の段は砂で埋められており、粉飾工作を行っていると話した。 「中国の食糧危機が深刻な状況にある」という。 6月中旬に、中国湖南省永州市寧遠県にもバッタによる被害があった。 バッタで住宅や庭が覆われて、住民は窓を開けることができなかった。 6月初めに、中国の主要米産地、東北の吉林省および黒竜江省にもバッタが観測された。 1平方メートルあたりに50匹が密集していた。 6月30號 廣西桂林 廣西桂林全州縣(農業大縣)遭蝗蟲襲擊! — crossstream ( CrossstreamW) (大紀元日本ウェブ編集部) 読者メニュー• 関連リンク• 大紀元日本について• サイト所有会社• 株式会社大紀元(英語名 DJY Japan Inc. TEL:03-6806-8902 FAX:03-6730-2861• EMAIL info djy. jp 運営会社• 特定非営利活動法人エポックメディア• TEL:03-6806-8903 FAX:03-6332-9990• 運営責任者: 金丸真弥• EMAIL info epochtimes. jp 大紀元 Global Group•

次の

バッタ・イナゴはなぜ大量発生する?大群発生で中国の危機!?

イナゴ中国

中国国家林業・草原局は2日、中国がバッタ侵入の危機にさらされているとして徹底的な予防措置を求める緊急通知を出した。 資料写真。 中国国家林業・草原局は2日、中国がバッタ侵入の危機にさらされているとして徹底的な予防措置を求める緊急通知を出した。 仏RFI中国語版サイトが同日付で報じた。 記事によると、同局は「サバクトビバッタ」について、「すでに東アフリカからインド、パキスタンに広まっている」と指摘。 中国国内に侵入して被害が起きるリスクは比較的低いという専門家の見解に言及する一方、いったん侵入すれば抑制困難など多くの不確定な問題に直面すると危機感を示した。 バッタは中国の草原地域に広く分布しており、草原における毎年の蝗害(こうがい=イナゴ・バッタ類による被害)面積は平均10万平方キロメートルに上るという。 記事は「今回はただならない状況」と指摘し、サバクトビバッタが農業に深刻なダメージを与える害虫であることを説明。 「1日150キロメートルの移動が可能で、毎日自分の体重に相当する約2グラムを食べる」とも伝えた。 中国メディアも、国連食糧農業機関(FAO)が世界に向けてサバクトビバッタの災害警報を出していると紹介。 「今回、アフリカで始まった被害はその範囲の広さ、損失の大きさ、勢いの速さが国際社会の関心を引き起こした」と述べ、「FAOの判断によると、初期の抑制に不足があったため状況は今年6月まで続く見通し。 その頃、群れの規模は現在の500倍になっている可能性がある」としている。

次の

中国ではイナゴ大量発生か。南米アルゼンチンでも。世界的な食糧不足の中どう生きるか

イナゴ中国

中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染者が増えている中国東北部では、6月に入ってから、イナゴの大群が発生し、農作物の被害が広がっていることが明らかになった。 東北部は中国の主要食糧生産地である。 中共ウイルスによるパンデミックで食糧の輸入が激減し、また、中国各地では異常気象が起きており、今後国内で食糧不足が発生する可能性が高いとみられる。 黒龍江省林草局が、6月1日に各関係部門に送った通知において、同省ハルビン市周辺の5つの区、県(市)で深刻な蝗害(こうがい)が発生し、面積2万4631畝(約244万2744平方メートル)の農作物が被害を受けたと明らかにした。 同省のジャムス市と樺川県でも蝗害が見つかったという。 また、吉林省吉林市農業農村局も6月5日、各部門にイナゴなどの害虫調査実施や被害防止強化を要求した。 同局の通達によると、4日までに吉林市管轄下の蛟河市、樺甸市、永吉県、竜潭区などの荒れ地や林を含む13. 4ヘクタールに及ぶ場所でイナゴの群れが観測された。 イナゴの密度は、1平方メートルあたり10〜20匹だが、場合によって1平方メートルあたり50匹もいる。 現在、イナゴの状態はまだ幼虫だという。 吉林市政府は同日、農業農村局の通知を中国版ツイッター、微博に投稿した。 これに対して、微博のユーザーは「疫病が収束していないうえ、4月に雪が降った。 しかも、豪雪が東北部を直撃し、気温が15度以上も急降下した。 地震、蝗害、干ばつと災いが続いている。 次は何が起きるのだろうか」と不安を示した。 吉林市政府の微博ユーザーアカウント「吉林市発布」は6月5日、市内でイナゴの群れが発生したと明らかにした(スクリーンショット) 東北部でみられたイナゴは、中国当局が警戒しているサバクトビバッタではないとされている。 昨年、サバクトビバッタの大量発生で、インドやパキスタンの農業生産に甚大な被害をもたらした。 今年3月、中国当局は、サバクトビバッタが6月に中国の雲南省や新疆ウイグル自治区、チベット自治区を経由して、中国国内に飛来する恐れがあるとして、専門家による対策チームを設置した。 一方、中国インターネット上では、中南部の湖南省永州市でも蝗害が起きているとの映像が投稿されている。 中国国家統計局のデータによると、東北3省である黒龍江省、吉林省と遼寧省の食糧生産量は中国全体の20. 8%を占める。 昨年、3つの省の総生産量は約1億3811トンだった。 また、農業が盛んな湖南省の昨年の食糧生産量は2975万トンと、遼寧省の2430万トンを上回った。 大量のサバクトビバッタが中国の雲南省などに襲来すれば、農業も深刻な被害を受けると予測される。 中国当局は、中共ウイルスの感染が拡大してから、各国有企業に対して海外からの食糧輸入を増やすよう求めた。 しかし、インドやタイ、フィリピン、ベトナムなど各国政府は、緊急事態時に自国の食糧を確保するよう、小麦やコメなどの輸出を規制した。 中国南部の広東省や福建省など11の省は、6月8〜11日まで、豪雨による洪水と土砂災害に見舞われた。 中国当局の発表では、262万人以上が被災し、22万人超が避難した。 14万5900ヘクタールの農作物が被害を受け、直接的な経済損失は40億4000万元(約609億円)に達した。 (翻訳編集・張哲) 外部サイト.

次の