アマージョ。 【ポケモン剣盾】何気に物理相手の対面性能が高い「アマージョ」というポケモン 特性は「じょおうのいげん」と「スイートベール」のどっち派?

アマージョ|ポケモン図鑑ウルトラサンムーン|ポケモン徹底攻略

アマージョ

ページ:• 投稿者:飛鳥• コメント 25 みんなの評価 :• 投稿者:セテア• コメント 2 みんなの評価 :• 投稿者:ひたアマ• コメント 9 みんなの評価 :• 投稿者:てゐ• コメント 5 みんなの評価 :• 投稿者:勘傑• コメント 2 みんなの評価 :• ページ:• 投稿者:amagi• コメント 18 みんなの評価 :• 投稿者:わに• コメント 13 みんなの評価 :• 投稿者:amagi• コメント 6 みんなの評価 :• 投稿者:あまてらす• コメント 26 みんなの評価 :• 投稿者:沫雪• コメント 10 みんなの評価 :• 投稿者:つなまよねーず• コメント 19 みんなの評価 :• 投稿者:heparin• コメント 2 みんなの評価 :.

次の

アマージョ|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

アマージョ

スイートベール+高速スピンによるステロ欠伸展開への回答かつ 耐久と技範囲を備えた対面性能のあるアタッカーです。 単独でステロ欠伸を両立する、あるいはステロ枠+欠伸枠の組み合わせを採用し、定数ダメージで相手を疲弊させ裏のエースを通すことを狙った所謂『ステロ欠伸』展開を1体で崩壊させることができます。 特性のスイートベールにより欠伸が効かず、高速スピンでステロを除去できるため、相手の狙う展開を許さずこちらのペースに持ち込むことができます。 スイートベールや高速スピンの認知度も低く、対策枠だとバレにくい点もメリット。 また、不一致弱点程度なら耐える耐久と草闘氷妖飛といった独特で広い技範囲を持つことからタイマン性能が高めなアタッカーでもあります。 差別化 ステロ撒きや欠伸持ちは様子を伺いやすいということで初手に出てきやすいため、それが読めるならば初手に出してアドを取っていきます。 最悪後出しからでも間に合います。 女王の威厳のイメージが強いからか、スイートベールは認知されておらず欠伸はよく打たれますし、高速スピンも読まれないのでマイナーゆえの仕事はしやすさはあります。 初手カバルドン対面は、トロピカルキックから入ります。 与ダメージ ・ トロピカルキック H252 115. 女王の威厳も先制技持ちや悪戯心に強くて強いですよね。 スイートベールは逆に認知されてなくて刺さってるって感じを受けます。 ステロに弱い岩弱点のポケモンはとても相性がいいので、ぜひ合わせて使ってみてください。

次の

アマージョの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

アマージョ

今回の解説はです。 基本データ No. 763 分類 フルーツ 英語名 Tsareena タイプ くさ H72 A120 B98 C50 D98 S72 高さ 1. 2m 重さ 21. たおした あいてを あしげに して たかわらいで しょうりを アピール。 びきゃくの として しられ びようクリニックなどの こうこくの マスコットに なっている。 ウルトラサン うつくしい けりわざの つかいて。 キックボクシングの チャンピオンも いちげきで ノックアウトするぞ。 ウルトラムーン こうげきてきな きしつの で キックの めいしゅ。 あいてを けりあげるたび たかわらいする。 頭には王冠のような部位が存在する。 しかし、そこは弱点らしく、触られると力が抜けてしまうと言われている。 概要 初登場は『SM』。 の最終進化形。 の中でも特に強い個体がこの姿に進化できるとされ、たちに祝福されながら進化する。 おてんばだったと打って変わって気品溢れる高貴な性格になり、良からぬ考えを持つや人間に強力な蹴りをお見舞いして懲らしめてしまう。 得意技の蹴りはの時よりもさらに磨きがかかり、甘い香りで敵を撹乱させてから強力な蹴りを何発もお見舞いする。 その一方で明らかに別方面の女王様な一面もある。 何とには相手を倒した時、それを足蹴にして高笑いで勝利をアピールすると言う強烈な習性がある。 トレーナーに対しても息が合わなかったりすると強い眼差しを向けて睨みつけてくるらしい。 対戦の 能力 くさタイプとしては屈指の性能の持ち主である。 攻撃のは120。 この見た目でとタメを張る数値である。 耐久面もHP72・防御特防98となかなに硬い。 素早さは72。 スカーフを持たせれば準速をギリギリ抜けたりと悪さが出来るのも面白い。 特性 「じょおうのいげん」は相手の先制技を事実上封じる。 選ばれることが多い特性。 「サイコフィールド」と違い味方は先制技を使えるのがポイント。 「リーフガード」は晴れの時、状態異常にならなくなる。 は「スイートベール」。 自分や味方の眠り状態を防ぐことができる。 を始めとするサブ技、壁やこうごうせい等の補助技も豊富。 対策方法 、まけんき、あまのじゃく持ちや特殊アタッカーならに強い。 ほのお・ひこう・どくタイプはの主力技を半減しつつ一致弱点を突ける。 の歴史 第七世代 『SM』期 一致技の火力が微妙であったため、を軸にした物理耐久型として利用された。 ただ、はがねが蔓延する環境ではくさ単タイプの自体が非常に強い向かい風を受けていた。 レーティングバトル統計データからは、物理耐久型にするなら、どくどく、とんぼがえり、こうごうせいが主流技構成になったとうかがえる。 その場合は性格はわんぱくが、特性はじょおうのいげんが、持ち物はが好まれた。 型にするなら、、じゃれつく、、とんぼがえりが主流技構成になり、性格はようきがメインになったと見られる。 『USUM』期 レベルアップ技にが追加され、アタッカーとして強化を受けた。 ちなみに、WCS2019ルールのレーティングバトルで使用率30位以内に入るの中に、伝説のではない単タイプはの他、、程度。 アニメの CV:藤村知可 進化 『サン&ムーン』第81話にて、に捕まったスクール組を救うため、「ふみつけ」を覚えてマオのが進化した。 2段階進化のでは、スクール組の手持ちの中では初の最終進化を果たしている。 から最終進化までの速さもスクール組の手持ちでは最速だが、サトシのをいつものように追い払うことで得たバトルの経験値と、アイナ食堂の手伝いで社会的な経験値を得たこともあって、成長スピードが他のメンバーより速かったとも考えらえるだろう。 今回の進化も、からへの進化と同様演出が細かく描かれ、更にアニメたしいものとなった。 描写 性格は若干気が強くなっている。 かつてをいじめていたを完膚なきまで叩きのめすなど、バトルの強さも大きく上がった。 ナギサやを小脇に抱えられる。 戦闘 アローラリーグ一回戦でのと戦う。 相性有利ながらことごとく技を避けられ、逆にのこごえるかぜで反撃されてしまう。 一度はマオから降参を提案されるも、拒否して再び立ち上がる。 逆転の望みをに託すが、のの前に敗北を喫した。 使える技• マジカルリーフ• 踏みつけ• これで紹介を終えます。 KOKUBANLEMON.

次の