宝 徳山 稲荷 大社。 宝徳山稲荷大社

宝徳山稲荷大社(前半)

宝 徳山 稲荷 大社

昨年、知人から神幸祭に行ってきた話を聞き、はじめて「火の鳥」の存在について知りました。 正直なところ、その時はまったく信じてませんでした。 火の鳥なんてのは、ペガサスやドラゴンのような空想上の生き物で、実在するわけがない。 手塚治虫だって漫画「火の鳥」を書いたときは実物を見たわけではないでしょう。 宝徳山稲荷大社の神幸祭は、数万本の願いを込めた紅いロウソクが一斉に灯される神事も行われます。 これを知ったあなたは思うはずです。 なるほど、火の鳥の正体は「火の粉」、もしくはロウソクの火による「目の錯覚」だな、と。 昨年の私がまさにソレでした。 渋滞の先で見たモノ 夜10時という遅い時間に出発した私を待ち受けていたのは、山中に伸びた長蛇の渋滞。 宝徳山稲荷大社は山の上にあるため、山道の急坂で何度も発進と停車を繰り返さなければなりません。 オートマ車でもアクセルを踏まなければ下がってしまう急坂がいくつかあります。 神幸祭に行かれる方はお気をつけください。 渋滞にハマること3時間。 ようやく宝徳山稲荷大社に到着しました。 駐車場に車を駐め、まずは願かけの紅ロウソクが灯された場所へ。 到着した時間が遅すぎたのか、大半のロウソクは長さが半分くらいになっていましたが、数万本のロウソクが灯る幽玄な光景を、しばし時を忘れて眺めていました。 奥宮のほうへ歩いていくと、大鳥居の周辺に大勢の人だかりが。 空を見上げては時折「おぉ!!」という歓声をあげています。 「今年は多いみたいだな」 周囲から話し声が聞こえてきます。 「ほら!いったよ!」 まさかの声も聞こえてきました。 そんな声に後押しされて空を仰ぎ見てみれば、 夜の闇にオレンジ色の光が一閃。 え? そう思った次の瞬間、またしてもオレンジ色の光が視界を横切ります。 ……火の鳥、見れました。 夜に手持ちで撮影しているため画質が悪く手ブレしていますが、オレンジ色の何かが飛んでいるのがハッキリ写っています。 周囲の星と比べれば、オレンジ色の線は手ブレによるものではなく、移動しているのだとわかります。 なんの苦労もなく火の鳥らしきものが見れてしまったことに驚愕。 普通、見られるにしても寒空の下、数時間待ってようやく見られるものでは?「火の鳥」ですよ?むしろそうであって欲しい。 けれどそんな私の期待を嘲笑うかのように、火の鳥は何度も頭上に現れ、そのたびに人々は歓声を上げるのでした。 「今度は三匹いったよ!」 編隊飛行の報告まで聞こえてくる始末。 火の鳥とはなんとサービス精神が旺盛な生き物なのか。 二羽同時に飛んでいくのを捉えました……そんな馬鹿な……。 人智を超えた現象を目の当たりにし、論理を愛する私の脳は大混乱。 多くの謎を抱えたまま、はじめての神幸祭を後にました。 火の鳥の正体 火の鳥の正体はいったい何なのか。 私が火の鳥を見たのは、願掛けのロウソクが灯されているロウソク台からは離れた奥宮の大鳥居前。 当初予想していた火の粉や目の錯覚だとは考えにくいです。 次に考えたのは、野性の鳥がロウソクの灯りや神社の照明に照らされたという説。 しかし照明の光に照らされるだけで、あんなにハッキリとオレンジ色を夜の闇に肉眼で捉えられるものなのでしょうか。 撮影した写真を見れば見るほど、照らされているというよりは、発光体、といったほうが自然な気がします。 結局、火の鳥の正体はわからずじまいですが、宝徳山稲荷大社の神幸祭では「火の鳥」とよばれる「何か」が見られることだけは間違いありません。 火の鳥に興味のある方は、来年の神幸祭に参加してご自分の目で確かめてみてはいかがでしょうか。 私も今一度、火の鳥の正体を確かめに行きたいと思っています。

次の

宝徳山稲荷大社

宝 徳山 稲荷 大社

正直、自分は信心深くはないのですが、最近「神道」や「古事記」に興味が湧いたこともあり、まずは行ってみることにしました。 グーグルマップナビに「宝徳山稲荷大社」と入力し、導かれるまま走っていると山手に大きな切妻屋根が見えてきました。 写真ではわかりづらいですが、民家の屋根と比べると大きさが少しおわかりいただけるかと思います。 そのままグーグルナビに従い細い道を進んでいくと大きな鳥居と建物が現れました。 内宮に到着したようです。 残念ながら内宮は夏期間参拝不可でしたので案内に従い本宮へ向かいました。 本宮入り口の1つめの鳥居のようです。 1つめの鳥居をくぐり進むと、左手に2つめの鳥居が現れます。 鳥居の左側が「本宮本殿」、右側が「上之宮」だそうです。 建物一つ一つが大きいです。 2つめの鳥居をくぐり階段を登ると3つめの鳥居が現れます。 3つめの鳥居をくぐり階段を登ると右手に御神水です。 御神水で身を清め、本宮に向かいます。 本宮前の最後の鳥居です。 左側の建物が本宮です。 本宮内は撮影禁止なので写真はここまでです。 宝徳大社はローソク祈願の神社だそうで、5色のローソクを立ててお参りする慣わしとのこと。 本宮内の受付?お札所?のおねえさんにお参りの仕方の説明を受け、ローソクを立ててお参りしてきました。 宝徳山稲荷大社の御祭神 宝徳山稲荷大社は三柱の神を御祭神として祭られているそうです。 天照白菊宝徳稲荷大神 (あまてらす しらぎく ほうとくいなりの おおかみ) 【人間の幸せを司る神】 五穀豊穣、商売繁盛、家内安全、身体健全、良縁拝受、安産息災など、衣食住、人間のしあわせを守る神様。 日本古峰大神 (やまと ふるみねの おおかみ) 【厄除・病気平癒(へいゆ)など、祓(はらい)いの神】 方位方災祓い、厄災難除、交通安全、海上安全、病気平癒など、お祓いの神様。 八意思兼大神 (やこころ おもい かねの おおかみ) 【文化を守る・学問の神】 学術増進、入試合格、国家安泰、政治治安などを司る神様。 【宝徳山稲荷大社HP 引用】 宝徳山稲荷大社に行ったみた感想 敷地の大きさ、建物の大きさにまずは圧倒されました。 今回ここに来たのはいろいろな縁が重なり導かれたから。 とも思えるし、偶然たまたまなのかもしれません。 神事や不思議事については、自分にはわかりません。 創造を司る何かはあるであろうと思ってはいます。 感想になっていませんが、言葉では表現できない不思議な気持ちになる場所でした。 ご興味のある方は訪れてみてはいかがでしょうか。 宝徳山稲荷大社の地図と詳細.

次の

宝徳山稲荷大社

宝 徳山 稲荷 大社

「宝徳山稲荷大社」の歴史をひもとくと、遠く縄文の昔までさかのぼります。 古い記録をたどると、殷帝大王(いててのひみこ)の命により物部美万玉女尊(もののべのみのわひめのみこと)が瓊名(ぬな)の里に日の宮のみやしろを建てた時からといわれています。 稲荷大社は、その後増築を繰り返し、現在の朱塗りの大殿堂が完成しました。 1年を通して行われるさまざまな祭事に全国各地から信者が訪れます。 所在地 長岡市飯塚859の子【】 主な年中行事 ・節分祭:2月3日 ・春季大祭 宵祭:5月7日夕刻 本祭:5月8日 夜祭神事:11月2日深更 アクセス 長岡南越路スマートI. Cより約10分(ETC専用IC) 長岡I. Cより国道8号線(柏崎方面)最初の信号左折、国道404号線を経て15分。 小千谷I. Cより国道291号線、国道404号線を経て25分。 JR長岡駅より信越本線「越後岩塚駅」下車、徒歩5分。 JR長岡駅よりバス、40分。 問合せ 宝徳山稲荷大社 TEL 0258-92-3341 質問:このページの情報は役に立ちましたか。 情報の内容 役に立った 役に立たなかった どちらともいえない 質問:このページは見つけやすかったですか。 見つけやすさ 見つけやすかった 見つけにくかった どちらともいえない 質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。 たどり着き トップページから順に サイト内検索 検索エンジン その他 質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。 頻度 はじめて ときどき いつも このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。 その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。 回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。 こちらにご記入ください。 また、暗号化に対応していないため、こちらの欄には個人情報などを記入しないでください。

次の