フロンターレ チェルシー。 川崎フロンターレとチェルシーのプレシーズンマッチ開催が正式決定!7・19日産スタジアムで : ドメサカブログ

川崎フロンターレ公式サイト

フロンターレ チェルシー

試合の見所 クラブ紹介 川崎フロンターレとは 1955年に富士通サッカー部として創部。 1997年にJリーグ準会員に承認され、1999年にJリーグへ加盟した。 ホームスタジアムは中原区の等々力陸上競技場、練習場は麻生区の川崎フロンターレ麻生グラウンドである。 チーム名の「フロンターレ Frontale 」はイタリア語で「正面の、前飾り」を意味し、常に最前線で挑戦し続けるフロンティアスピリッツ、すなわち正面から正々堂々と戦う姿勢を表している。 参照元: 公式サイト チェルシーFCとは 1905年に創設。 ホームスタジアムはロンドンのスタンフォード・ブリッジ(収容人数41,663人)。 プレミアリーグに所属し、同リーグにおいて5回の優勝記録を持つ(フットボールリーグ時代を含めると6)。 2003年にロシア人の富豪ロマン・アブラモヴィッチがオーナーに就任して以降、豊富な資金力を活かしてプレミアリーグ有数の強豪クラブとなった。 「ブルーズ(Blues)」の愛称で知られる。 参照元: 公式サイト メンバー 川崎フロンターレ チェルシー GK:ケパ・アリサバラガ GK:ウィリー・カバジェロ GK:ジェイミー・カミング DF:セサル・アスピリクエタ DF:ダヴィド・ルイス DF:ダヴィデ・ザッパコスタ DF:クル・ズマ DF:マルコス・アロンソ DF:アンドレアス・クリステンセン DF:エメルソン DF:フィカヨ・トモリ MF:ケネディ MF:エンゴロ・カンテ MF:ジョルジーニョ MF:ダニー・ドリンクウォーター MF:ティエムエ・バカヨコ MF:ロス・バークリー MF:マテオ・コヴァチッチ MF:メイソン・マウント MF:ケイシー・パーマー FW:ペドロ FW:ミシー・バチュアイ FW:オリヴィエ・ジルー FW:タミー・アブラハム FW:クリスティアン・プリシッチ 監督:フランク・ランパード スタメン 川崎フロンターレ GK:チョン・ソンリョン DF:守田英正 DF:谷口彰悟 DF:ジェジエウ DF:登里享平 MF:家長昭博 MF:田中碧 MF:下田北斗 MF:齋藤学 MF:阿部浩之 FW:小林悠 チェルシー GK:ウィリー・カバジェロ DF:セサル・アスピリクエタ DF:クル・ズマ DF:ダヴィド・ルイス DF:マルコス・アロンソ MF:メイソン・マウント MF:ジョルジーニョ MF:マテオ・コヴァチッチ FW:ペドロ FW:ミシー・バチュアイ FW:ケネディ 試合結果 得点 後半41分 川崎フロンターレ レアンドロ・ダミアン アシスト:中村憲剛 関連記事 川崎Fが強豪チェルシーを破る/親善試合詳細 Jリーグ2連覇中の川崎フロンターレが、プレミアリーグの強豪チェルシーに競り勝った。 15年7月にドルトムントに0-6で惨敗してから4年。 進化したパスサッカーと激しい球際の守備で進化を証明。 相手にとってはプレシーズンマッチだが、ランパード新監督のチェルシーに初黒星をつけた。 川崎フロンターレがチェルシーに勝利 Jリーグ王者の実力見せつける 19日、川崎フロンターレとチェルシーの国際親善試合が開催された 後半に川崎のFWダミアンが頭でゴールを決め、そのまま1-0で試合は終了 欧州リーグを制したチェルシーを下し、Jリーグ王者の実力を見せつけた ダビド・ルイスが川崎Fを絶賛「誰が出ても負けない。 レベルの高い選手がいっぱいいる」 新シーズンに向けた重要な準備期間となるプレシーズンマッチで敗れたチェルシーだが、D・ルイスは「テンションの高いゲームだった。 たくさんの応援、素晴らしい環境で、相手も素晴らしいチームだったし、高いレベルのサッカーができた。 魅力的な試合だった」と、敗戦にも満足感を示した。 ダビドルイス「レベル高い選手たくさん」川崎F称賛 チェルシーDFダビドルイスは、川崎フロンターレを「すばらしいチーム。 またチャンピオンになるのでは」と称賛した。 「ショックな敗戦」「蒸し暑さにやられた」…川崎Fのチェルシー撃破に英メディア 明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019の川崎フロンターレ対チェルシー戦が19日に行われ、川崎Fが1-0で勝利を収めた。 イギリス各メディアも試合について伝えている。 昨季プレミアリーグ3位の強豪を迎え撃った川崎F。 何度かゴールを脅かされる場面もあったが、終盤に立て続けにチャンスを生み出し、最後は86分に中村憲剛のクロスからレアンドロ・ダミアンが決勝点となるヘディング弾を叩き込んだ。 川崎MF中村憲剛、チェルシー撃破の絶妙ループパスに騒然 香川真司も絶賛「さすが」 0-0で迎えた終了間際の後半42分、途中出場のベテランMF中村憲剛が絶妙なループパスを送り、ブラジル人FWレアンドロ・ダミアンの決勝点を演出。 日本代表MF香川真司(ドルトムント)も「さすが」と絶賛している。 川崎Fダミアン「学べた」強豪チェルシー戦でV弾 0-0で迎えた後半39分に、まず川崎FのMF中村が途中出場。 すると2分後に決勝点が生まれた。 左クロスのはね返りを、ペナルティーエリア内の左で中村が受ける。 詰めてきたDFダビド・ルイスの前で、左足で柔らかくボールを上げると、ファーサイドでフリーになっていた、こちらも途中出場のFWレアンドロ・ダミアンが頭でたたきつけた。 GKカバジェロの足の下を破ってゴールへ。 この1点を守り切って世界的クラブから勝利を収めた。 川崎Fが強豪チェルシーを撃破! 中村憲剛絶妙クロスからL・ダミアンが決勝ヘッド 明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019の川崎フロンターレ対チェルシー戦が19日に横浜の日産スタジアムで行われ、川崎Fが1-0で勝利を収めた。 苦しい時間を耐え抜いた川崎Fは、中村憲剛を投入したあと立て続けに決定機を迎える。 85分、馬渡和彰のクロスに合わせたL・ダミアンのヘッドは惜しくもクロスバーに。 その後の流れから山村和也が放ったシュートは惜しくもカバジェロの好守に阻まれる。 そのプレーで得たCKから、エリア内左にこぼれたボールを拾った中村は 絶妙な浮き球クロスをファーポストへ。 フリーで合わせたL・ダミアンがヘディングで叩き込み、川崎Fが先制ゴールを奪う。 この1点が決勝点となり、Jリーグ王者が世界の強豪を撃破した。 中村憲剛が出場4分で決勝点お膳立て!J1王者・川崎FがEL王者チェルシーを下す 川崎Fは終盤に中村憲剛が登場。 サポーターは大歓声を送る。 すると87分、川崎Fは左CKの場面でショートコーナーを選択し、ボックス内左の中村がファーに柔らかいクロスを供給。 フリーのL・ダミアンがヘディングシュートを叩き込み、欧州の強豪に土をつけることに成功した。 川崎Fvsチェルシーのスタメンが発表!D・ルイスやジョルジーニョら先発のEL王者が日本王者に襲い掛かる Jリーグワールドチャレンジのチケットが完売!川崎Fとチェルシーが激突…7月19日に日産で開催 Jリーグは18日、日産スタジアムで19日に行われる明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019のチケットが全席種完売したことを発表。 チケット完売に伴い、当日券の販売はない。 2年ぶりに開催するワールドチャレンジでは、昨季J1王者の川崎フロンターレと、昨季ヨーロッパリーグ覇者のチェルシーが激突。 川崎Fvsチェルシーのワールドチャレンジ、選手交代は各チーム9人まで Jリーグワールドチャレンジ2019が19日に行われ、川崎フロンターレとチェルシーが対戦する。 試合は90分間で勝敗が決しない場合、引き分けとなる。 選手交代は各チーム9人まで。 交代を申し出る回数はキックオフから試合終了までに3回までという方式。 勝利チームにはウィナーズプレート、マン・オブ・ザ・マッチには賞金100万円が贈られる。 「アザールが抜けたのは大きいけど…」チェルシーCBダビド・ルイスが川崎戦を前にチームの現状を吐露 プレミアリーグの強豪チェルシーは、19日に川崎フロンターレと対戦する。 18日には横浜市内で公開練習を行なった。 平日にもかかわらず1500人以上のファンが集まり、選手たちに声援を送った。 とりわけに注目されていたのが、マウリシオ・サッリの後を継いで新監督に就任したフランク・ランパードだ。 選手たちよりも早くピッチに登場したクラブのレジェンドは、ファンから大きな歓声を送られた。 Jリーグワールドチャレンジ2019のチケット完売! 川崎とチェルシーが激突 Jリーグは18日、Jクラブとヨーロッパの強豪クラブが対戦する「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019」のチケットが完売したことを発表した。 19時キックオフ予定の同試合はフジテレビ系列で全国生放送されるほか、DAZNでもライブ配信される。 この一戦の放送予定など、試合の概要をまとめた。 チェルシー、新戦力のプリシッチやコバチッチが来日メンバー入り。 川崎F、バルサと対戦 イングランド・プレミアリーグのチェルシーが16日、日本で開催されるプレシーズンツアーのメンバー25人をクラブ公式サイトで発表した。 来日メンバーには今夏ドルトムントから移籍となったアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチや昨年レアル・マドリーからチェルシーに期限付き移籍し、今夏完全移籍を果たしたクロアチア代表MFマテオ・コバチッチもメンバーに名を連ねた。 プリシッチは現地で合流予定となっている。 川崎F小林悠「勝ちに向かって」チェルシー戦へ気合 明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019の公式記者会見が16日、横浜市内で行われ、川崎フロンターレの鬼木達監督(45)とFW小林悠(31)、チェルシーFC(イングランド)のフランク・ランパード新監督(41)とMFマテオ・コバチッチ(25)が登壇した。 昨季のJ1王者が欧州リーグ覇者に挑む一戦は19日午後7時から日産スタジアムで行われる。 チェルシー来日! コヴァチッチ、プリシッチら25名がメンバー入り チェルシーは16日、プレシーズンキャンペーンで来日した25選手をクラブ公式サイトで発表した。 チェルシーは7月19日(金)に日産スタジアムで川崎フロンターレと、23日(火)には埼玉スタジアム2002でバルセロナと対戦する。 ドルトムントから新たに加わったアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチをはじめ、フランス代表MFエヌゴロ・カンテ、ブラジル代表DFダビド・ルイスらが名を連ねた一方、コパ・アメリカに出場したブラジル代表FWウィリアン、故障中のイングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイらは招集外となった。 チェルシーが来日 ランパード監督「川崎戦は重要」 サッカーJ1で3連覇をめざす川崎とイングランド・プレミアリーグの強豪チェルシーが対戦する「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019」(19日午後7時、日産スタジアム)の公式会見が16日、横浜市内で開かれた。 会見には川崎の主将のFW小林悠やチェルシーのランパード監督らが出席。 川崎はチェルシーに記念品として「代名詞」の風呂おけを贈呈した。 来日のチェルシー率いるランパード新監督「過去を振り返ることはしない」 イングランド・プレミアリーグ、チェルシー(Chelsea)のフランク・ランパード(Frank Lampard)監督は16日、古巣を率いるというおそらくはキャリア最大の挑戦に臨む中で、過去を振り返ることはしないと話した。 先発予想を問われたランパード監督は… 明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019(7月19日、日産スタジアム)の川崎フロンターレ戦に臨む、イングランド・プレミアリーグのチェルシーFCの来日メンバーが発表された。 来日したのは26選手。 日本にダビド・ルイス、エンゴロ・カンテ、オリヴィエ・ジルーなど昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)を盛り上げた選手をはじめ、各国代表の主力クラスが軒並み名を連ねる。 まさに豪華な陣容だ。 チェルシー来日の舞台裏には、胸スポンサー企業「横浜ゴム」の並々ならぬ熱い思いがあった! 日本のサッカーファンが待ちに待ったビッグイベント、チェルシーの来日がいよいよ目前に迫ってきた。 2018-19シーズンの激闘を終えたチェルシーは、来る2019-20シーズンの開幕に備えて日本でのプレシーズンマッチを実施。 7月19日(金)に日産スタジアムで川崎フロンターレと対戦するだけでなく、4日後の23日(火)には埼玉スタジアム2002でバルセロナと対戦する。 それにしてもなぜ、横浜ゴムはチェルシーとのスポンサーシップ契約に踏み出し、どのような思いを胸にチェルシーとの関係性を築いているのか。 2017年からトップとして牽引する山石昌孝代表取締役社長にその思いを聞いた。 レジェンドOB・デサイー氏がチェルシーを語る…「ジルーとカンテはスランプになるどころか…」 試合に先駆け、チェルシーのアンバサダーとして来日した元フランス代表MFマルセル・デサイー氏が、川崎の麻生グラウンドを訪問。 小林悠ら主力選手たちと交流した。 さらに、かつてチェルシーで6シーズンプレーし、キャプテンも務めた偉大なOBが、自身の経験やチェルシーの強さ、試合の見どころについても語ってくれた。 DAZN、フロンターレvsチェルシー生中継。 マンCなどプレミア勢4チームによるカップ戦も DAZN(ダゾーン)は、7月19日(金)に日産スタジアムで開催される「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019」川崎フロンターレ vs チェルシー戦、そして日本時間7月17日(水)・20日(土)に中国で開催される「プレミアリーグ・アジアトロフィー2019」の全4試合をライブ配信する。

次の

川崎フロンターレとチェルシーのプレシーズンマッチ開催が正式決定!7・19日産スタジアムで : ドメサカブログ

フロンターレ チェルシー

日本のサッカーファンが待ちに待ったビッグイベント、チェルシーの来日がいよいよ目前に迫ってきた。 2018-19シーズンの激闘を終えたチェルシーは、来る2019-20シーズンの開幕に備えて日本でのプレシーズンマッチを実施。 7月19日(金)に日産スタジアムで川崎フロンターレと対戦するだけでなく、4日後の23日(火)には埼玉スタジアム2002でバルセロナと対戦する。 それにしてもなぜ、横浜ゴムはチェルシーとのスポンサーシップ契約に踏み出し、どのような思いを胸にチェルシーとの関係性を築いているのか。 2017年からトップとして牽引する山石昌孝代表取締役社長にその思いを聞いた。 「それもあって、とても強く印象に残る経験でした。 それと同時に、ヨーロッパにおけるサッカーというスポーツの価値、企業としてのスポーツマーケティングの重要性について深く知ることができました。 当時の横浜ゴムは製品と直接的な関係性のあるカーレースなどにスポンサードする機会はあったのですが、会社としてのレベルをもう1段上げるためにも、スポーツへの取り組みが必要であると考えていました。 「スポンサーについてチェルシーからオファーをいただいたのは、約1年後の2014年末でした。 「もちろんそれなりに大きな契約金と契約期間をベースとするスポンサーシップだったので、企業としてのリスクも考慮しました。 しかし、我々がこれからさらに成長していくためには、海外のマーケットでの販売を伸ばさなければなりません。 そのために認知度を上げなければならないということで、サッカーと、チェルシーの力を借りようと考えた次第です」 認知度の拡大は期待どおり。 手応えについては、どのように感じていらっしゃいますか? 「半年に1度、必ず認知度調査を実施しているのですが、イギリスを中心とするヨーロッパ各国、アジア、ロシア、それから南米と、当初我々が期待していたレベルの認知度の上昇が見られています。 ただ、いくら認知度が高くなっても、現地における販売環境が整っていなければ売上にはつながりません。 例えば、私どもの販売会社や代理店がその神輿であるチェルシーの名前をうまく活用して売上を伸ばす。 あるいは、私どもの社員もチェルシーの話題を出しながら営業活動をする。 つまりチェルシーにスポンサードしているという事実がモチベーションとなって、間接的に良い効果を生むことも強く実感してきました。 ディーラーさんに対しても、これまでは『YOKOHAMA=レース』というイメージが強かったのですが、そこにチェルシーを加えることで新しいイメージを持ってもらえる。 「契約前年の2014-15シーズンはプレミアリーグで優勝し、さらにリーグカップでも優勝する2冠を達成した年でした。 「当たり前のことですが、勝てば嬉しいし、負ければ悔しいですよね。 当然ながら、実現に際しては横浜ゴムの尽力が大きかったと思うのですが。 「契約当初から日本でのプレシーズンマッチの実現に向けて、クラブとの話し合いを進めてきました。 今回の話が大きく動き出すきっかけとなったのは、2017年9月に楽天の三木谷浩史会長とお会いしたことです。 楽天さんもスペインのFCバルセロナとのスポンサーシップ契約がスタートしたばかりのタイミングでしたから、『いつか一緒に』という話をしていたのです。 「Jリーグ王者である川崎フロンターレ、さらにヨーロッパでもトップレベルの強豪であるバルセロナとの対戦を生で観戦できることで、少しでも多くのサッカーファンの皆さんに楽しんでいただけたらと思っています。 それから、これは少し個人的な思いでもあるのですが、今回は非常に多くの日本企業のトップの皆さんをご招待させていただきました。 チェルシーとのスポンサーシップ契約によって、私どもはサッカーの面白さや奥深さ、そしてサッカーというスポーツが持つ影響力の大きさを肌で感じています。 ですから、少しでも多くの日本企業の皆さんにそれを感じてほしい。 「もちろんサッカーに対する思いは強いのですが、やはり、特にチェルシーに対してですね(笑)。 私自身は、ヨーロッパ全体のサッカー界にそれほど詳しいわけではありません。 ただ、スタンフォードブリッジで観たチェルシー戦のスピード感や興奮はずっと頭から離れない。 今後についてはどのようにお考えですか? 「クラブとの話し合いによってこれから決めていくことになると思いますので、正直なところ、1年後にどういう結論が導き出されているかについては現時点では分かりません。 しかし、現在の我々がチェルシーというクラブに対して並々ならぬ思いを抱いていることは事実です。 ところで、(エデン・)アザール選手は本当に移籍してしまうのでしょうか……。

次の

川崎フロンターレvsチェルシーはいつ?時間は何時から?テレビ放送は?

フロンターレ チェルシー

19日 金 、明治安田生命ワールドチャレンジ2019、対FCの試合が日産スタジアムで行われ、同一戦は川崎がFWレアンドロ・ダミアンの得点で勝利した。 1-0 このブラジル人FWの得点をアシストしたのはクラブのレジェンド・だった。 残り7分の状況でピッチに投入された中村は86分、ペナルティエリア内左からファーサイドへクロス。 これをレアンドロが頭で押し込んだ。 決勝ゴールをお膳立てし、この試合のMOMに選出された中村は試合後、同一戦を総括。 前半は厳しい展開だったことを明かした。 「前半、ベンチで見ててしんどいなと感じた。 押し込まれているから奪った時には前に 小林 悠しかいない。 あの守備をどう打破していくかだった」 そう語った中村は勝利できたターニングポイントを「球際で体を張ったから0-0で折り返せた。 暑かったので後半は向こうの体力が落ちて、スペースが生まれた。 前半とはそこが違った」と挙げた。 また、新体制チェルシーのウィークポイントについても「正確に繋げば、入ると思っていた。 わずかな時間で自分がやるべきことはできた」と振り返った。 しかしながら、この試合でチームの課題ははっきりと見えたようだ。 「止めて蹴るをもっと改善していく必要があるなと。 あとパススピードも。 チェルシーはそれが無駄なくできていた。 Jリーグではできている方だが、まだまだだなと感じた」 「 チェルシーには アバウトなボールでも収められちゃう選手がいるので、向こうよりも止めて蹴るができないと」 勝利するも、ヨーロッパリーグ王者との対戦でその差を痛感した中村。 中村憲剛があげた課題をクリアし、修正していけば、Jリーグ3連覇も夢ではないだろう。 ヨーロッパリーグ王者との戦いを経験した川崎の今後の戦いぶりにも注目だ。 メッシやグリーズマンらスター選手を擁するバルセロナが来日!EL王者のチェルシー、そしてイニエスタやビジャら所属のヴィッセル神戸と対戦!WOWOWで生中継! <<<詳細・放送スケジュールはこちら>>> 外部サイト.

次の