コロナ ウイルス 現金 給付。 新型コロナウイルス「特別定額給付金」10万円のもらいかたを徹底解説 [コロナでも諦めなくていい7つのこと

10万円給付金、申請方法は?いつ入金される?期限はあるの?

コロナ ウイルス 現金 給付

個人が受けられる給付金、手当 ・ どんな支援?:すべての国民に 一律10万円を給付する制度です。 2020年4月27日時点で住民基本台帳に記録されている人が対象です。 申請方法:申請方法は、郵送とオンラインの2種類。 詳しくはを確認してください。 また、受給権者は、その人の属する世帯の世帯主です。 つまり、世帯主がまとめて申請する形となります。 (関連記事:) ・傷病手当金 どんな支援?:健康保険等に加入していれば、病気やケガの療養のために仕事を休んだとき、 休業4日目以降の所得保障が行われます。 新型コロナウイルス感染症に感染し、その療養のために働くことができない人も、利用することができます。 支給期間:支給を始めた日から最長1年6カ月。 申請方法:加入している医療保険の窓口に、支給要件の詳細や具体的な手続きについて問い合わせをしてください。 どの保険に加入しているかは、健康保険証を確認しましょう。 ・休業手当金 どんな支援?:企業から個人への手当てです。 会社に責任のある理由で労働者を休業させた場合、 会社は従業員に対し、休業期間中に「休業手当」(平均賃金の6割以上)を支払う必要があります。 労働基準法で定められていますが、新型コロナウイルスの場合は緊急事態宣言が発令されており、「会社都合」の休業にあたるかについては議論が分かれています。 厚生労働省は事業者に対し、「労使がよく話し合って労働者の不利益を回避するように努力することが大切です」と。 厚労省は休業手当の対象となるケースとして、 「発熱などの症状があるという理由だけで、労働者に一律に仕事を休ませる措置をとる場合」などを挙げています。 相談窓口:「休業手当が出ない」「解雇された、雇い止めにあった」などのトラブルがあったら、各都道府県の労働局が設けている 「」に相談しましょう。 事業者が受けられる支援(雇用調整助成金、休業要請に応じた時の協力金、持続化給付金) ・ どんな支援?:経済上の理由で、事業活動の縮小を余儀なくされた 事業主に対し、雇用を維持してもらう目的で、休業手当の一部を国が助成する制度です。 支給対象は個人ではなく、「事業主」となります。 新型コロナウイルスの感染拡大で、特例措置として、助成を受けられる要件が緩和されました。 たとえば、従来は売り上げや販売量などを示す「生産指標」が「3か月で10%以上低下」が条件だったのに対し、「1か月で5%以上低下」とハードルを下げるなどしています。 申請方法:から、条件や申請方法などを確認してください。 また、コールセンター(0120-60-3999)でも雇用調整助成金に関する問い合わせに対応しています。 コールセンターの受付時間は、土日祝日を含み9:00~21:00まで。 (関連記事:) ・休業要請の「協力金」 どんな支援?:各都道府県の自治体が、休業要請に応じた事業主に対して、 「協力金」を支給する制度です。 金額や支給の条件などは各自治体によって異なります。 たとえば、東京都は、1事業者に対し50万円(2店舗以上有する事業者は100万円)のとしています。 申請方法:各都道府県の公式サイトに協力金の情報が掲載されています。 協力金制度があるか、確認するようにしましょう。 ・持続化給付金 どんな支援?:国から企業、個人事業主への給付金です。 新型コロナウイルス感染症の影響によって、 売上が前年同月比で50%以上減少している企業、個人事業主に支給されます。 給付額は、原則、法人が200万円、個人事業者などが100万円。 (ただし、昨年1年間の売上からの減少分を上限としています) 申請方法:経済産業省が創設しますが、4月22日時点で、申請方法などの具体的な詳細は未確定です。 4月最終週を目途に確定・公表するとしているため、を確認するようにしましょう。 電話での相談窓口は、0570-783183まで。 臨時休校で子どもの世話を行う保護者向けの支援 ・ どんな支援?:事業主への助成制度です。 小学校などの臨時休業に伴い、その学校に通う子どもの世話が必要な労働者(保護者)に対し、有給の休暇を取得させた事業主(労働基準法上の年次有給休暇を除く)に賃金相当額が助成されます。 労働者は正規、非正規雇用を問いません。 適用日、申請期間:適用されるのは、2020年2月27日~6月30日の間に取得した有給の休暇分。 また、申請期間は2020年9月30日までです。 申請方法:から、申請書などをダウンロードできます。 申請方法もこちらで詳細を確認してください。 また、コールセンター(0120-60-3999)でも問い合わせに対応しています。 コールセンターの受付時間は、土日祝日を含み9:00~21:00まで。 ・ どんな支援?:個人への助成制度です。 小学校などの臨時休業により、契約した仕事ができなくなった 個人事業主(保護者)に支援金が支給されます。 支給額は、就業できなかった日について、 1日あたり4100円。 適用日、申請期間:適用されるのは、2020年2月27日~6月30日の間で、申請は2020年9月30日までです。 申請方法:から、申請書などをダウンロードできます。 申請方法もこちらで詳細を確認してください。 また、コールセンター(0120-60-3999)でも問い合わせに対応しています。 コールセンターの受付時間は、土日祝日を含み9:00~21:00まで。 休業した人向けの「緊急小口資金」、失業した人向けの「総合支援資金」があります。 休業により収入の減少があったり、失業して生活が困窮したりした場合に、無利子で生活費を借りることができます。 申請方法:住んでいる市区町村の社会福祉協議会から相談・申請ができます。 市区町村名と、「緊急小口資金」または「総合支援資金」などでウェブ検索して、情報を確認してください。 多くの都道府県の公式サイトでも、市区町村の社協のリンク集などを掲載しています。 一般的な問い合わせは、コールセンター(0120ー46ー1999)でも受け付けています。 ・ どんな支援?:新型コロナウイルスによる影響で、一時的に業況が悪化した 中小企業や個人事業主などに無利子・無担保で融資する制度です。 最近1カ月の売上高が、前年または前々年の同期と比較して「5%以上」減少しているか、などが条件となります。 融資限度額は、中小事業が3億円、国民生活事業が6000万円。 申請方法:窓口は日本政策金融公庫で、申請書類はにまとめられている。 申請方法などの詳細は。 ・社会保険料などの減免、納付猶予 どんな支援?:厚生年金保険料や国民年金保険料、国税や地方税など、新型コロナウイルスの影響で納付することが困難になった場合、申請すれば減免もしくは納付猶予が認められることがあります。 厚生労働省はその対象として、以下を挙げています。 厚生年金保険料(問い合わせ先:) 国民健康保険、後期高齢者医療制度および介護保険の保険料(問い合わせ先:各市区町村の国民健康保険組合) 所得税や法人税などの国税(問い合わせ先:) 住民税などの地方税(問い合わせ先:各都道府県や市区町村) 電気・ガス料金(問い合わせ先:契約している電気、ガス事業者) ・住居確保給付金(家賃の支援) どんな支援?:新型コロナウイルスの影響で家賃を払えなくなってしまった場合に、 一定期間、家賃相当額が支給される制度です。 従来は職を失った人が対象でしたが、支給対象が拡充されます。 東京都特別区の目安で、支給額は単身世帯は5万3700円。 2人世帯は6万4000円、3人世帯だと6万9800円です。 支給期間:原則3カ月 申請方法:申し込みや相談は、市区町村の自立相談支援機関に問い合わせましょう。 ・生活困窮者自立相談支援事業 どんな支援?:市区町村の自立相談支援機関では、さまざまな課題を抱える人の相談に応じています。 就労支援や家賃支給など、状況に応じて相談ができるため、積極的に活用しましょう。 問い合わせ先:市区町村の自立相談支援機関で相談を受け付けています。 ・生活保護制度 どんな支援?:生活保護制度は、必要な生活費を得られないなど、困窮した状況にある人を支えるための制度です。 年齢や世帯の人数などによって定められている必要な生活費(「最低生活費」)より収入が少ない場合に、生活保護を受給できます。 申請方法:相談や申請は、住んでいる地域を所管するの生活保護担当で受け付けています。 全国のから確認できます。 都道府県など、自治体の支援制度も確認を そのほか、都道府県などの自治体が、独自に行っている支援制度もあります。 自分が住んでいる地域でどんな支援策があるのか、公式サイトにアクセスして確認するようにしましょう。

次の

新型コロナウイルス、必要なのは早急な「現金給付」。「108兆円」でも「経済瓦解」

コロナ ウイルス 現金 給付

写真:時事通信フォト) 新型コロナウイルスの感染拡大で仕事を失った国民は、政府の支援を待ち望んでいる。 そこに安倍晋三首相がまず打ち出したのは全世帯への布マスク2枚配布だった。 本当に必要なのがどちらかは言うまでもない。 新型コロナショックへの緊急経済対策として、世界各国が競い合うように国民への現金給付を打ち出している。 最初に支給するのは米国になりそうだ。 トランプ大統領は年収7万5000ドル(約810万円)以下の成人に1人1200ドル(約13万円)、17歳以下の子供には500ドル(約5万4000円)の現金給付を決定。 夫婦と子供2人の世帯なら合計約37万円にのぼる。 対象者には政府から直接、小切手が郵送され、申請手続きは原則必要ない。 小切手は4月20日頃から届き始める見通しだ。 元財務官僚の高橋洋一・嘉悦大学ビジネス創造学部教授が語る。 「米国の受給手続きは簡単です。 政府振り出しの小切手だから、本人がサインして銀行に持っていけば換金してもらえる。 小切手の印刷を考えても政府の準備にかかる期間は2週間程度でしょう。 こういう政策は即応性が重要。 日本もこの方法なら迅速に実施できる」 他の国を見ると、香港は18歳以上の市民に現金1万香港ドル(約14万円)を支給する。 フランスは休業する労働者の賃金100%補償のほか、自営業者などには1500ユーロ(約18万円)を給付、ドイツも自営業者に3か月で9000ユーロ(約108万円)を補償する。 では、日本の国民にはいくら配られるのか。 安倍首相は108兆円規模の緊急経済対策を実施すると表明。 収入が住民税非課税水準にまで落ち込んだ世帯や、月収が半分以下に減った世帯でも一定の所得以下となった場合、「1世帯30万円」の現金給付を検討しているという(*)。 【*追記:その後、国民一人ひとりに一律10万円を給付する方針に変更された】 日本では過去2回、経済対策で大型の給付を行なったことがある。 1回目は大手銀行や証券会社の倒産が相次いだ金融危機後の1999年。 小渕内閣が景気対策として、子育て世帯と低所得の高齢者に1人2万円の「地域振興券」(ふるさとクーポン券)を配布した。 2回目はリーマン・ショック後の経済対策(2009年)だ。 時の麻生内閣が1人1万2000円(18歳以下と65歳以上は2万円)の現金を「定額給付金」として国民全員に支給している。 今回、安倍首相は「あらゆる政策を総動員する」と、現金給付とクーポン券、ポイント還元、減税などのメニューを同時に打ち出す構えだが、柱となる現金給付については、「国民全員に一律では行なわない」「リーマン・ショック時の経験を鑑み、効果等を考えれば、ターゲットをある程度置いて思い切った給付を行なうべきと考えている」としている。 麻生内閣の定額給付金は国民全員に配られたが、政府の検証で経済効果は薄かったとされた。 そのため、今回の現金給付は対象を絞り込み、まとまった金額を支給する方針だというのだ。 「定額給付金」の時はどうだったか 現金給付の受給条件はどんなものになるのか。 米国はじめ諸外国では「一定の収入以下」の人に現金給付するケースがほとんどだ。 日本のこれまでの給付制度も「低所得者対策」の名目で実施され、所得制限が設けられていた。 全国民に配った定額給付金は例外的存在と言える。 ここで「定額給付金」のケースをもとに、申請から受給までの流れをおさらいしておこう。 現金給付の法律が国会で成立・施行後、(1)対象世帯の世帯主に市区町村から「申請書」が郵送された(定額給付金は世帯主に全員分が一括で支給された)。 (2)申請者(世帯主)は、それに記入していく。 申請書には、「給付対象者」として世帯員全員の氏名、それぞれの支給額と合計額があらかじめ印字されており、給付対象者の情報に間違いがあれば訂正が必要だ。 (3)また、申請書で口座振込か、現金給付を希望するかを選択する。 (4)振り込みの場合、金融機関名や口座番号を記入した上で、キャッシュカードか通帳の表紙のコピーを添付。 申請者の免許証やパスポートなど本人証明の写しとともに返送用封筒で返送する手順だった(現金給付を希望する場合、申請書と本人証明を役所に持参して受け取る)。 新型コロナによる「収入減少」を申し立てる場合は、自己申告やマイナンバーを利用して収入を確認するシステムの構築などが検討されている。 収入の減少を証明するには、会社員であれば給与明細がある。 だが、年金生活者は注意が必要だ。 たとえば「昨年まで不定期のアルバイト収入があったが、今年に入って新型コロナの影響で仕事がなくなってしまった」といったケースでは、勤務先の支払調書などを揃えておく必要があるだろう。 その上で「収入減少」を証明できれば受給資格が認められる可能性があるが、審査でハネられた場合、不服申し立てなどが必要になるかもしれない。 新型コロナの影響で収入が減少し、日常生活の維持が困難になった世帯への「緊急小口資金等の特例貸付」という制度だ。 地域の社会福祉協議会で申し込むと、2人以上の世帯は「月20万円」を3か月、最高60万円まで無利子無保証で融資を受けられる。 しかも、この資金は返済開始時(1年後)になっても失業など収入減少が続いている住民税非課税世帯は、申請すれば返済免除されるのだ。

次の

新型コロナウイルスに関する給付金9選まとめ【個人・経営者向け】

コロナ ウイルス 現金 給付

詳しくは以下の記事をご覧ください 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、生活に困っている人がもらえる給付金について解説 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、生活に困っている世帯に対する生活維持のための臨時の支援としての30万円を受け取れるされました。 対象となる人は誰なのかを解説します。 「ハードルが高すぎる」「世帯一律給付にすべきだ」「規模が小さすぎる」といったような意見も耳にしますが、まずは発表された制度の給付対象者や給付金額の基準、受給手続き上の添付書類や注意点を把握しておきましょう。 <目次>• 「生活支援臨時給付金」の対象となる人とは? まずは令和2年4月7日、「新型コロナウイルス感染症対策緊急経済対策」にて閣議決定された内容を整理しておきます。 給付についてはで発表されており、• 1世帯当たり30万円を給付• 生活保護者は原則として対象から外れる• 年金のみで生活している人も原則として対象から外れる• 公務員、大企業の勤務者等は一般的には含まれないと想定される ということです。 「大企業と中小企業とはどこで線引きするのか」といったことへの疑問は残りますが、それ以外の方は一律、収入の金額によって線引きがなされるということになります。 給付の対象となる金額の基準その1 まず、算定の対象となるのは世帯主の月間収入で、令和2年2月から令和2年6月までの任意の月でいいとされていますので、「生活の状況」や「申請から給付までの期間」にも注意しながら判断していくことになるでしょう。 なお、当初はこの月間収入を年間ベースに引き直した場合• 水準となる低所得世帯 という基準がありました。 しかし、申請・審査手続きの簡便化のため、世帯主(給与所得者)の月間収入が下記の基準額以下であれば、住民税非課税水準であるとみなすという新たな基準が発表されました。 そのパターン内容は以下のとおりです。 単身世帯…… 10万円 (年間ベース120万円)• 扶養親族等1人…… 15万円 (年間ベース180万円)• 扶養親族等2人…… 20万円 (年間ベース240万円)• 扶養親族等3人…… 25万円 (年間ベース300万円) 上記パターン分けなのですが、扶養親族等とは、扶養親族及び同一生計配偶者を指す、とあるところから扶養親族等1人とは世帯主と配偶者、扶養親族等2人とは世帯主と配偶者と子ども1人、扶養親族等3人とは世帯主と配偶者と子ども2人、というような状況を想定していると考えられます。 給付の対象となる金額の基準その2 また、もうひとつの基準として• 新型コロナウイルス感染症発生前に比べて半減し、年間ベースに引き直すとの2倍以下となる世帯 というのがあるので、それをパターン別に置き換えると• 単身世帯……月間収入が半減し、かつ、月収20万円以下(年間ベース240万円以下)• 扶養親族等1人……月間収入が半減し、かつ月収30万円以下(年間ベース360万円以下)• 扶養親族等2人…… 月間収入が半減し、かつ月収40万円以下(年間ベース480万円以下)• たとえば、世帯主と配偶者と子ども1人という家庭の場合で令和元年の年収が720万円(月収60万円・賞与なし)だったと想定しましょう。 その場合、月間収入が30万円以下なら、月間収入が半減する基準も、年間ベースで引き直した基準480万円以下もクリアするのでOKなのですが、月間収入が35万円だった場合、年間ベースで引き直した基準は• このあたりについては総務省資料内にも「対象者の要件や判定方法をまとめた資料を作成し、ホームページ等において公表する予定」とあります。 また、4月13日には基準となる世帯主の月間収入だけでは対象外となる場合でも、条件を満たせば対象に加える方針であると報道されています。 追加で情報が掲載されることにも注意しましょう。 窓口は?申請方法は?添付書類は何が必要? この給付金の実施主体は 市区町村です。 ただ、窓口に申請者が押し寄せると、さらなる感染症拡大の危険も考えられるため、その受給手続は郵送やオンライン申請など、窓口申請以外の方法を基本として受付を行うこととなります。 提出書類としては 「原則として、本年2月~6月の任意の月の収入がわかる給与明細、雇い主からの証明書、帳簿の一部の写しなど」とあるところから、いまから給与明細の保管場所を定め、コピー等をとり、紛失しないようにすることをお勧めします。 また、「新型コロナウイルス感染症発生前に比べて半減」することを証明する資料として令和元年の確定申告書の控えやの提出をもとめられることも考えられるので、準備しておいたほうがいいでしょう。 なお、給付金は本人名義の銀行口座への振込み予定とされているほか、本人確認書類も必要となります。 その他、受給手続の実務上の注意点は たとえば、「該当する給与明細を紛失した」というケースを想定してみてください。 会社の総務や経理に連絡を取りたくても、「在宅勤務」や「自粛」の影響で連絡がつかない可能性もあります。 給与計算や源泉徴収票の発行などを外部に委託している場合もやはり同様のことが考えらます。 「要件を証明するための書類として何が必要か」を考え、早め早めの準備が必要です。 総務省資料内には、収入状況については「そのほか簡便に収入状況を確認する方法についても検討する予定」とあり、本人確認についても「できる限り負担の少ない簡便な形となるよう……」と、総務省資料内にありますが、詐欺やなりすましを防止する観点から何らかの手続き上の防止措置が設けられることも想定されます。 現状では、総務省から概要が発表され、市区町村がその窓口となるという流れになっていることは間違いありません。 必要に応じて、下記、コールセンターに問い合わせるなど、正確な情報を確認しながら行動しましょう。 内容が固まり次第、追加してまいります。 本給付金の実施に当たっては、令和2年度補正予算案の成立が前提となります。 【関連記事をチェック】.

次の