キングダム 640。 キングダム640話ネタバレ予想「函谷関の戦いの原因は蒙驁?」

キングダム640話ネタバレ最新話『列尾攻略戦に鄴からの援軍が?!』

キングダム 640

漫画「キングダム」前話では、秦国軍がようやく飢えから解放され、豪華な食事を囲んでいましたね! 涙ながらに食事を急いで口へと運ぶ秦国軍を見て、もらい泣きをしたファンも多かったのではないでしょうか? 離れた地にいながらも、想いを通じ合わせている嬴政(えいせい)と信には胸アツでしたね! その一方で、李牧の報われない環境には胸が痛むばかりです…。 必死に郭開(かくかい)へ伝えた忠告も空しく、このままでは秦国軍に列尾を突破されてしまうでしょう。 第640話では列尾へ向かった騰(とう)将軍の活躍から描かれると思われますが、李牧の運命はどうなるのか気になるところです。 楚国の王都「郢(えい)」では、媧燐(かりん)と李園(りえん)が鄴崩落について、会話をしていました。 足を組んで威圧感たっぷりの媧燐も、不落と言われた鄴が落ちたことが信じられない様子です。 というのも邯鄲の王都軍が出れば王翦(おうせん)軍はひとたまりもなかったはずなのですが、バカな趙王は軍を出さなかったのです。 余計な発言をしてしまったバミュウは、頭から熱い蝋を垂らされて、身悶えていました。 さすが、媧燐様…ドSぶりを惜しみなく披露してくれていますね(笑) とはいえ、あの李牧を相手に鄴を攻略してしまった王翦に対して、少し見かたが変わったようです! 媧燐は、感心した様子を見せていました! 趙国に対する列国の見立て そんな媧燐とは反対に、李園は大変なことになったと話し始めます。 ついに秦国の刃が邯鄲の喉元にまで迫り、下手をすれば強国と言われた趙国が倒れるかもしれないからです。 趙国が倒れれば、勢力図は大きく変わってしまいます。 しかし媧燐は終始冷静な態度で、李園を諭していました。 趙にとって本当の脅威とは、鄴が秦本土と繋がってからです。 秦国が鄴を対趙の最前線拠点としたときこそ、趙にとって本当に危機になります。 そんなことは邯鄲もとい、李牧がよく理解しているところです。 列国が趙には李牧がいると考えている様子がハッキリと見て取れる描写をしていますが、実際の李牧は投獄されてしまっています。 このまま各列国の読みは、ことごとく外れていくのでしょう。 魏国から北上してきた秦国大将軍である騰(とう)率いる4万の軍が黄河をこえて、進軍して来ているとの急報でした。 列尾を守る兵は3万と、秦国より少ない数ですが、騰将軍が率いる軍だけであれば持ちこたえられると自信を覗かせます。 鄴から列尾に軍が討って出て来れば、列尾は挟み撃ちになり、とても苦しい状況になります。 そうなると列尾では持ちこたえることが困難なのですが、そんなことは李牧が百も承知だと絶大な信頼を寄せているのです。 すでに北軍を南下させているはずだと信じている扈輒将軍は、それを待つ姿勢を見せました。 舜水樹は、邯鄲の王都軍が動けば話は早いと嘆きをぼやきます。 やはり配下が一番、自分たちの仕えている王が愚か者であることに辛い思いを強いられているのですね。 扈輒将軍も、趙王のことはクソだと発言していました! 趙国の王はバカであっても、李牧という存在がいることは何よりの救いです。 後ろの憂いは李牧に任せ、列尾は軍を展開し、騰将軍を迎え撃つことにします。 李牧の投獄を知らない趙軍が、李牧に寄せる信頼の厚さにとても胸が苦しく、切ない気持ちになりますね…。 鄴で目を覚ます信 飢餓の窮地を逃れることができた鄴では、信が眠りながら不吉な夢を見ていました。 信に抱きつく羌瘣(きょうかい)を、後ろから龐煖(ほうけん)が切りつけようと襲いかかってきます。 驚いた信は、逃げろと叫びますが、羌瘣は信に抱きついたまま穏やかな表情で諦めた様子です。 そのまま羌瘣の下半身がなくなり、涙を流す信。 死んでしまったと思い、涙ながらに羌瘣の名を叫んで飛び起きます。 すると目の前には、真面目な顔で信をみつめる羌瘣の姿がありました。 動揺する信ですが、もうどんな夢を見ていたのか思い出せません。 どうやら信は、羌瘣の様子を見に来てそのまま眠ってしまったようです。 羌瘣の夢を見て涙を流す信 羌瘣も、信と同じ夢を見ていました。 よくわかりませんが、羌瘣の気が信の中に入ってしまったため、同じ夢をみたようですね。 これはあの世で信を救い出した時に、二人の魂が繋がったからでしょう! 信は羌瘣が自分を助けるために、なにか無茶をしたのではないかと問い詰めます。 尾平が言っていたことや、いつもならとっくに回復して見せる羌瘣の異変に違和感を感じていた信。 羌瘣の肩を掴んで、隠していることを聞き出そうと必死です。 その拍子に渕さんが扉を勢いよく開け、二人の密着した様子を目撃してタジタジしてみせます(笑) 渕さんは、信に急ぎの知らせを伝えにきたのでした。 亜光将軍が鄴から出陣 右翼で尭雲(ぎょううん)と馬南慈(ばなんじ)にやられて昏睡状態だった亜光(あこう)将軍が、目を覚ましたそうです。 信はてっきり、死んだと思っていたようですね(笑) すると外から突然、大きな声が聞こえてきました。 信と渕さんが外へ向かうと、亜光将軍が復活早々に鄴から列尾へ討って出たと分かります。 5日間で回復した兵を集め、あっという間に一軍にしてしまった亜光将軍。 後方に桓騎(かんき)軍を含め、2万の軍勢で列尾へ向かいます。 やっと列尾に李牧の凶報が届く 亜光軍2万の軍勢が、鄴より真っすぐ向かってきていると列尾にも報告が入ります。 その知らせは、ちょうど列尾軍が騰軍とぶつかった時に飛び込んできました。 舜水樹は北部軍からの報告はないのか、伝令へ問いかけます。 すると立て続けに伝令がやってきたので、北部軍もしくは李牧からだろうと期待に胸を寄せる列尾兵。 しかし列尾軍に届いた知らせは、馬南慈(ばなんじ)からの急報でした。 伝令は目に涙を浮かべながら、李牧が大王に捕らえられ、邯鄲に投獄されたと報告します。 邯鄲は沈黙したまま、騰軍が列尾へ攻め込んできているにも関わらず、北部軍を一切動かしていませんでした。 そして立て続けに、李牧は邯鄲で斬首になると凶報を届けます。 李牧を救い出す覚悟!舜水樹の怒りと引き上げる列尾軍 李牧の凶報を耳にした舜水樹は、伝令に怒りのあまり、伝令に斬りかかろうと剣を振りかぶります。 倒れた伝令の上に乗り、床に剣を振り下ろした舜水樹。 趙王はどこまで愚かなのだと、目を血走らせて怒ります。 その様子を鋭い目つきで見ていた扈輒将軍は、遼陽(りょうよう)を含むすべての軍を引き上げて、邯鄲まで戻すよう指示しました。 李牧が囚われてしまった今、このままでは王都圏の南側は秦国に奪われてしまいます。 そうなれば軍の力はそのまま生かし、北半分になる王都圏に兵を密集させて全力を注ぐほうが良いとの判断でした。 さらに李牧を救わなくては、趙国は滅んでしまいます。 馬南慈もそれを防ぐため、扈輒将軍へ協力を求めていました。 舜水樹や扈輒将軍は、趙王を殺しても李牧を助け出す強い意志を覗かせます。 ほぼ戦わずに秦国が勝利を確定! 扈輒将軍の号令で、全軍撤退の動きをした趙軍。 騰軍はほぼ戦わずに列尾城を取り、一体を固めて趙王都圏の出入り口をしっかりと秦国のものにしました。 これで鄴・列尾・遼陽のトライアングルが繋がり、その中には多くの難民が取り残されることになります。 略奪を恐れる難民ですが、秦国軍は王翦の命に従って傷つけることはしませんでした。 そして一月が経った頃、本営から兵が補充されるため鄴攻略軍の一部が帰還を許されます。 飛信隊もようやく鄴を出ることが叶い、列尾の前あたりに到着した頃、同じく岐路についていた壁(へき)に出会います! じつに69日ぶりの再会を果たした壁と信は、笑顔で互いの生還を喜びました! 漫画「キングダム」640話は、ここで幕引きとなっていましたが、騰将軍の活躍がまったく描かれませんでしたね! 少しは描かれるだろうと思っていただけに、ほぼ不戦勝との結果には驚きました! 李牧に信頼を寄せきっていた趙兵たちの胸の内を想うと、かなりつらい幕引きではありますが、今後の趙国内はどう動いていくのでしょうか? 波乱が予想されるので、とても楽しみです! 漫画「キングダム」ネタバレ640話最新!考察・予想 公開斬首の刑を言い渡されましたが、しかし李牧はまだ鄴(ぎょう)を巡る戦いは終わっていないと目の輝きを失っていません。 鄴はまだ陸の孤島であり、鄴を孤立させるための様々な戦略を描きますが、郭開(かくかい)には受け入れられない様子。 これでは趙はその状況を悪くする一方ですね。 秦国の王翦 おうせん でさえ、李牧がいなければ趙国は、あっという間に滅んでしまうことを以前示唆していました。 その証拠に前話のラストでは、昌平君が李牧の読み通りに列尾へ騰将軍を向かわせています。 はたしてこのまま李牧は処刑され、趙国は滅んでいくのでしょうか? さっそく、漫画「キングダム」640話の考察予想をしていきましょう! 扈輒(こちょう)将軍の敗北 郭開は列尾には扈輒将軍がいると過信して、李牧の進言を受けても二つ返事をしていました。 李牧の進言を聞き入れていれば、首尾よく燕国や魏国と協力体制を築き、秦国を返り討ちに出来たかもしれません。 しかし現状では、もはや叶うことのない作戦です。 列尾では、扈輒将軍が騰将軍とぶつかることになるでしょう。 王都邯鄲の守護神とも呼ばれる扈輒将軍ですが、秦国六大将軍に匹敵するほどの騰将軍が相手では、厳しい戦いとなるに違いありません。 ただでさえ列尾は、守りにくい城です。 第47巻でも、列尾城は意図的に弱く作られていることが明かされています。 列尾はもともと、わざと侵入させて敵を絡め取る役割を持って作られました。 というのも、鄴の陥落を想定すらしてなかったためです。 それが今では完全に仇となり、扈輒将軍を追い詰めることになると考えられます。 苦しい戦況であることは、扈輒将軍なら瞬時に理解できるはずです。 史実通りに運べば、扈輒将軍は桓騎(かんき)将軍が平陽を攻める際にぶつかることになります。 となれば騰将軍が赴いた時点で、扈輒将軍は潔く敗北を認めて、列尾を明け渡すかもしれませんね。 秦国はあっさり趙国を攻め続ける? 趙国の頭脳でもある李牧が戦場から身を引いてしまったことで、秦国軍はこのまま簡単に趙国を攻め込むことができそうです。 あっという間に李牧の懸念していた通り、列尾、鄴、遼陽を繋いでいくと思われます。 昌平君なら、その手ごたえのなさに違和感を抱くかもしれません。 とはいえ実際に史実でも秦国は、鄴を攻略して閼与(あつよ)を獲得していきます。 そして桓騎将軍が平陽と武城を平定していくので、ここまであっさりと事を運んでいきそうです。 しかし史実ではここで李牧が登場し、桓騎将軍と相対することになります。 公開斬首の刑を宣告されていた李牧ですが、このままいけば桓騎の運命まで左右しかねません。 李牧の処遇は、今後もっとも注目すべき展開だと思います。 李牧の処刑は後回しにされる? 敗戦を責められて投獄されることになった李牧ですが、史実通りに物語が展開するのであれば、まだ死に時ではありません。 公開処刑まで言い渡されていますが、何らかの形で後回しにされるのではないでしょうか。 というのも史実では秦国の画策により郭開が賄賂を受け取って幽繆王によからぬ入れ進言をすることで、李牧の命運が決まっていきます。 現状では、幽繆王となる公子遷はまだ登場していません。 公子遷が太子嘉を陥れる? 李牧も期待の色を示していた通り、現在太子嘉に熱い支持が集まっています。 次期趙国王になるのは、現時点ではどう考えても太子嘉が濃厚です。 とはいえ史実で幽繆王となるのは、公子遷! 悼襄王の寵愛を受けていた公子遷の母親である倡后が、悼襄王后と太子嘉を陥れて廃位させるのです! そして悼襄王がなくなり、公子遷が次期趙国王となっていきます。 この混乱に乗じて李牧の処刑は延期され、秦国の趙攻めもしばし間をあけて描かれるのではないかと予想します。 信が李信となる日も近い? 本編第1巻から主人公の信は、「李信」と呼ばれています。 信は元下僕なので名乗る姓はないのですが、物語のどこかで姓を授かるのだと思われます。 「李」といえば、本編の中で名乗っているのは、李牧です。 いよいよ李牧の処刑も物語の中でチラついてきましたし、もしかすると信が李牧から姓を受け取ることになるのでしょうか? 李牧は王に恵まれなかったために、史実で報われない最期を遂げることになっているので、何らかの形で信が李牧の想いを汲んでくれるのではないかと期待しています。 漫画「キングダム」ネタバレ640話最新確定!まとめ 久々の大将軍・騰(とう)の登場!列尾攻略を任されましたが、李牧の進言を受け入れない趙王とその取り巻き郭開。 これで騰にとって有利に戦いを進めることができそう。 また列尾は城がわざと弱く造られていますので、城外戦で勝てば城は取り返しやすいはず。 鄴ー列尾ラインが成立しそう。 しばらくは秦国が趙国をスムーズに攻め込みながら、趙国の後宮争いが描かれるのではないでしょうか? 鄴崩落の年に悼襄王が崩御することになるので、漫画「キングダム」でどのようにオリジナルストーリーを混ぜ込みながら展開していくのか注目です! 李牧の命運が気になるところなので、次回の展開からも目が離せそうにありません!.

次の

キングダム640話ネタバレ予想「函谷関の戦いの原因は蒙驁?」

キングダム 640

スポンサーリンク 秦人の大移住計画 鄴攻略から五ヶ月後。 ここは秦国の列尾近くにある村。 畑を耕す男たち。 手を休めてふと顔を上げると、道には人がゾロゾロ歩いていました。 道を覆いつくほどの人数。 もう半日は流れが途切れていません。 家族総出でゾロゾロと歩く人々は、まだ見ぬ新天地を目指していたのです。 新天地こそ、秦国の新領土。 列尾・橑陽・鄴の三角地帯でした。 三角地帯を着実に秦国のものとするべく、多くの人が送り込まれていたのです。 早く移住すれば得があると考え、破格の好条件に自ら動いた者。 ほかにも、強制的に村ごと移住させられた者達もいました。 その規模は、「三陽東群化」の比ではない人数だったのです。 原泰久『キングダム』642話より引用 そして、移住した人々を守るべく、軍隊も途切れることなく派遣されていました。 これはまさに、秦人による未知の地への「大移住計画」だったのです。 一方で、場所は咸陽。 城内では、河了貂と蒙毅 もうき が久しぶりの再会。 お互い元気な様子に喜んでいました。 河了貂が城を訪れたのは、先生に呼ばれたから。 ちなみに、先生とは昌平君のこと。 河了貂は、昌平君の軍師学校で知識や技術を学びました。 蒙毅は蒙恬の弟で、同じく軍師候補生として河了貂と一緒に学んだ仲になります。 河了貂は少しでも蒙毅と話ができたらと思い、早めに城を訪れていました。 二人は近くにあるイスに腰掛け、互いの近況を報告し合います。 河了貂が先生に呼ばれたのは、朱海平原の報告のため。 今後のためにも、事後の戦局解説は大切です。 他の隊はもちろんのこと、飛信隊では軍師の河了貂が何度も呼ばれていました。 蒙毅も先生の手伝いをしていますが、とても忙しくしているようです。 話の途中で、ふと蒙恬の話を思い出した河了貂。 悲しそうな表情で、故漸 こぜん 副長の話を始めました。 原泰久『キングダム』642話より引用 故漸とは、蒙恬と蒙毅を親代わりに育てたお爺さん。 蒙恬と共に朱海平原にて戦っていましたが、龐煖の奇襲によって命を落としました。 無論、故漸が亡くなったことは蒙毅も兄から聞いています。 さらに、信が龐煖を討ったこと。 龐煖を討つために、信が仮死状態になるほど激闘だったことも知っていました。 本来であれば、蒙恬自身が龐煖を討ちたかったことでしょう。 蒙恬は、仇を討ってくれた信に対して感謝していたのです。 なにより、犠牲者は故漸だけではありません。 飛信隊も多くの仲間を失いました。 だからこそ「立ち止まらず前に進まないと」と、河了貂は力強く言ったのです。 「その通り」と、納得する蒙毅。 久しぶりの再会です。 列尾の向こう側で何が起きているのか、蒙毅が状況を教えてくれることになりました。 蒙毅は、持っていた地図をテーブルの上に広げます。 待っていましたとばかりに、嬉しそうな河了貂。 蒙毅に会いに来たのは、これが目的だったようですね。 スポンサーリンク 昌平君の次なる作戦 原泰久『キングダム』642話より引用 まずは、新領土を地図で確認。 列尾・橑陽・鄴の三角地帯が秦国の領土になりました。 しかし、よく見てみると、魏国によって山陽近くまで領土を取られているではありませんか。 魏軍の相手をしていたのは騰軍。 列尾貫通のため、仕方なく持ち場を離れました。 その隙を狙って、魏国の呉鳳明が攻め込んでいたのです。 現在は列尾一帯が落ち着いたため、騰軍は再び現場へ急行。 魏軍の侵攻を止めている状態です。 山陽近くを魏国に奪われましたが、それでも趙国の領土を奪えた方が得といえるでしょう。 とにかく、今は新領土を秦人で埋めるため、移住が最優先となっていました。 ただし、列尾より先はまだ不安定な場所。 人々が安心して生活できる環境を整えることが大切です。 そこで、李斯 りし が現地に派遣されました。 山陽の経験もあることから、無駄なく効果的に秦国化が進んでいるようです。 蒙毅の話を真剣に聞いていた河了貂。 鄴付近まで秦国化が進んだとはいえ、趙国の王都・邯鄲を占拠できたわけではありません。 すなわち、新たな国境の前線が生まれたことになります。 当然、土地勘がある趙軍のほうが有利。 気を抜けば、趙軍に攻め込まれる危険性がありました。 そこで現在は、王翦将軍を筆頭に趙軍の逆襲に対抗していたのです。 鄴城は桓騎軍。 橑陽城は楊端和が守っていました。 二つの城の間を、王翦軍が守っていたのです。 戦況は今のところ悪くありません。 原泰久『キングダム』642話より引用 なぜなら、李牧がまだ地下牢に閉じ込められているから。 河了貂は驚きます。 李牧が連行されたことは、先生から聞いていました。 しかし、未だに生きていることに驚いたようです。 噂では「死罪」になるはずでした。 しかし、李牧の腹心達が騒いだため、斬首は執行されていなかったのです。 邯鄲に迫る勢いで戦う王翦軍。 捕らえられたままの李牧。 蒙毅は河了貂に尋ねました。 「この状況をどう思う?」 河了貂は眉間にシワを寄せて考えます。 あの大戦から五ヶ月しか経っていません。 いや、むしろ五ヶ月経ってしまったといってよいでしょう。 軍師として、河了貂の気持ちは決まっていました。 「李牧が欠け、ゴタついている趙には 今こそ攻め刻だ」 原泰久『キングダム』642話より引用 同意見だった蒙毅。 先生も同じ考えだったようです。 そのため、すでに先生は大戦略の思案に入っていました。 ついに、王都の邯鄲を標的にするということでしょう。 河了貂は驚いて立ち上がります。 緊張が走るなか、「フッ」と笑い出す蒙毅。 いずれは邯鄲を攻め込むことになるでしょうが、それはまだあと。 今は先生も蒙毅も忙しいため、行動に移すのは少し先になりそうです。 大事なことは、手前のやることを一つずつ。 式典も大事な一つといってよいでしょう。 キョトンとする河了貂。 蒙毅は笑顔で言いました。 「ずっと先送りになってた 『論功行賞』だよ!」 原泰久『キングダム』642話より引用 スポンサーリンク 待ちに待った瞬間 論功行賞が行われる当日。 本殿には、多くの文官と呼ばれた兵士たちが集まっていました。 式典に出席するため、控室で待つ李信。 着替えを用意されていたにも関わらず、いつもの服装のまま出席するようです。 控室から李信が外を眺めていると、話しかけてきたのは政。 大王らしい華やかな衣装を身にまとっています。 しかし、準備はまだ終わっていないようで、数人の側近が焦っている様子でした。 政は周囲を気にせず、李信へ近づき肩に触れて言ったのです。 「いよいよだな」 原泰久『キングダム』642話より引用 目が合う李信と政。 それだけ言うと、政は正殿に戻って行きました。 呆然と立ち尽くす李信。 手すりに寄りかかり、空を見上げて「ふー」と息を吐いたのです。 おそらく、政の一言で李信は察したのでしょうね。 そして、本殿に集まった多くの人々。 ついに式典が始まります。 まず、政と向き合って立っていたのは王翦将軍。 跪いて頭を下げます。 邯鄲付近にある前線は気が抜けない状態のため、三将全員が持ち場を離れるわけにはいきません。 総大将の王翦だけが出席。 第一功の特別大功を授かりました。 桓騎と楊端和も同等の特別大功を授かりましたが、会場にはいません。 代わりに摩論とバジオウが受け取っていました。 原泰久『キングダム』642話より引用 次に呼ばれたのは、王賁・蒙恬・李信の3人。 蒙恬と王賁は正装。 李信だけいつもの服装で浮いています。 式典会場が盛り上がっている頃、飛信隊の多くは少しでも早く結果を聞こうと集まっていました。 いくら仲間とはいえ、隊員全員が式典への参加は許されません。 咸陽深部の許されるギリギリの場所まで入り、皆で待機していたのです。 式典会場にいるのは河了貂。 そこから、一定間隔で中継役を配置。 河了貂のGOサインによって、外で待つ飛信隊に伝えられるようになっていました。 みんな緊張した表情で、固唾を飲んで待っていたのです。 そして、いよいよ声高らかに功績が称えられ始めました。 まずは、楽華隊の蒙恬。 朱海平原では、五千人将でありながら秦左翼の将となって活躍。 紀彗軍三万の軍勢と十五日間に渡って戦いを繰り広げ、閉じ込めることに成功。 勝利の立役者といってよいでしょう。 よって、第一等の特別功となりました。 微笑む蒙恬。 心の中で、故漸こと「じィ」に呼びかけていました。 次に、玉鳳隊の王賁。 朱海平原では、秦右翼にて独立遊軍として活躍。 原泰久『キングダム』642話より引用 亜光将軍が倒れてからは、筆頭となって秦右翼を牽引しました。 さらに、趙将の尭雲を討ち取っています。 よって、第一等の特別功となりました。 無表情の王賁。 後方では歓声を上げる玉鳳隊。 感極まる番陽の姿がありました。 最後に、飛信隊の李信。 朱海平原では、玉鳳隊と同じく秦右翼にて活躍。 黒羊では趙将岳嬰を討ち、さらには趙峩龍まで仕留めました。 そして、強敵である趙三大天の龐煖を自らの手で討ったのです。 もちろん、泣いているのは李信ではありません。 河了貂のGOサインによって、各中継役が両腕で「丸マーク」をジェスチャー。 城壁から見えた「丸マーク」に、飛信隊全員が同じタイミングで号泣。 尾平、田有、田永などが互いに喜び合ったのです。 会場にいた河了貂や渕も泣いていました。 原泰久『キングダム』642話より引用 周囲が喜ぶなか、「へへ」と笑うだけの李信。 蒙恬は笑顔で「感動してる?王賁」と、からかう始末。 王賁は相変わらず無表情で「うるさい、ふつうだ」と返事するのみ。 三者三様の反応ですが、若きエース達がついに将軍へ。 大きな一歩を踏み出したのです。 スポンサーリンク 『キングダム』ネタバレ 642-643 話のまとめ 今回は、朱海平原での功績が認められ、三人仲良く将軍に任命された瞬間が印象的な回でした。 予想はできていたものの、信が将軍になれたことは自分のことのように嬉しいです。 最初に漂と約束した、天下の大将軍になる夢。 今やもう、信と漂の夢だけではなくなりましたね。 原泰久『キングダム』642話より引用 支えてくれる多くの仲間。 そして、犠牲になった同志たち。 たくさんの人々が、李信を応援してくれているといってよいでしょう。 やはり、大きな夢であればあるほど、一人だけの力では叶えられません。 李信が将軍になれたのも、飛信隊の支えがあってこそ。 きっと天国にいる漂、朱海平原で散った松左や去亥も喜んでいるのではないでしょうか。 ただし、将軍はあくまで夢の通過点。 これからも、大きな壁に挑み続けなければいけません。 少しずつ着実に成長し続ける李信。 はたして、邯鄲に挑むのはいつになるのか!? 次回がとても楽しみです!.

次の

【キングダム】ネタバレ640話「国の要」あらすじ感想考察!|進撃の巨人 ネタバレ考察【アース】

キングダム 640

2020年4月30日 木 発売号のヤンジャンに掲載予定のキングダム641話のネタバレ最新確定速報をお届けします。 前話 では、李牧が捕まり斬首される予定との情報が列尾に入ります。 扈輒はすぐさま列尾を離れ王都へと向かうために全軍兵士の撤退を命じまス。 そして趙の南部を全て秦が奪う形で鄴攻めは決着しました。 ついに鄴攻めも終わろうとしてますが、信が将軍になるところを早く見たいものです。 641話もどんな展開になるのか楽しみですね。 今回は「【キングダムネタバレ641話最新話確定速報】鄴が完全に落ち苗字が李と決まりついに信が将軍になる?」と題し紹介していきます。 鄴が陥落した641話ですが、ここで鄴攻めを振り返ってみませんか? これまでの話を読み返したいと思われる場合は、単行本を電子書籍でお得に読みましょう。 電子書籍でしたら 売り切れも気にせず、外に出ることなく すぐに無料で読むことができます。 さらには無料で今までのキングダムのアニメもイッキ見できてしまいますよ。 今すぐ読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。 キングダム641話ネタバレ最新話考察 飛信隊や壁も秦国内に戻っていきますね。 戻るのは政のいる咸陽(かんよう)でしょうか。 そうなるとここから論功行賞が行われると思いますが、誰が鄴攻めの第一功になるのか?そして龐煖(ほうけん)を倒した信がどれだけ評価されるのか?ここでの評価が気になるところですね。 論功行賞の昇進の行方は? 「朱海平原の戦い」~「鄴の攻略戦」を終えたのちに行われる論功行賞では、今回の信の事を考えると、将軍への昇進はほぼ確定ではないでしょうか。 何しろ、信は趙峩龍と龐煖の首を討ち取りましたからね。 ただこのキングダムの世界観では、千人将あたりはちらほらいますが、二千人~三千人への昇進はかなり厳しいため、難しいかもしれません。 しかし、それでも今回の李信の功は王賁や王翦よりも大きく、評価されるべきものだと思いますがどうなのでしょうか? おそらくですが、信は政から直に労われる第三位に食い込むのが妥当ではないかと考えています。 キングダム641話のツイッターの予想・感想 龐煖(ほうけん)が信に倒された場面。 武神と恐れられた龐煖。 そして信にとっては王騎や麃公(ひょうこう)将軍を倒した憎っくき相手。 それを王騎の矛で倒せたことは信にとって大きな出来事だったに違いありません。 趙の将マジであのクソ叩き斬ってくれんかな。 来週位は、論功行賞来るか? 信の将軍任命は絶対痺れる!! — ナマケモノ vtuber憧れ 6bic0R 確か最近は壁!と呼び捨てにしていたと思うんだけど、信は疲れすぎて赤ちゃん返りしたのか、壁のあんちゃ~ん!とか今週言ってておかしいんじゃね? — 菅井英明 Ambient・和メロディー SugaiHideaki 史実で行くなら李牧はまだ死なない。 その前にとある人物を討ち破る。 その人物はそこで退場の可能性。 ここからネタバレを含みますので注意してください。 飛信隊の咸陽凱旋 鄴攻めを終えて信たち飛信隊が咸陽へ戻ってきました。 飛信隊もすでに人気のようで、町の人たちからも信、田有、楚水などの名前が上がります。 飛信隊のメンバーの周りには多くの人が詰めかけ、ねぎらいます。 その様子を政も橋の上から眺めよくやってくれたと昌文君と話します。 兵士たちは各自武功に見合った褒章を受け取ります。 信の家へ皆で向かう 信はなかなか自分の家には帰っておらず、大工にお金だけ預けていたようです。 皆にはすごい豪邸なのではと言われています。 田有がその家がちょうど完成して予算がオーバーしたとのことでしたが、すごい完成度のと信に伝えます。 それを聞いた飛信隊のメンバーは皆信の家が見たいと言い、皆で信の家を見に行くことに。 信はボロイ小屋の前に連れてきて、飛信隊のメンバーも驚愕します。 その小屋を見て信は田有に木材が変わったのかと聞き、開けるとき以前より良くなっていると言います。 それを聞いた飛信隊のメンバーは、自分の家より古くて小さい、ここに金を書けたのか、悪徳すぎると心の中で思います。 しかし田有が何言ってるんだと、家はあっちだと信の首を左に向けます。 その先にはとてつもなく大きいお屋敷が建っていました。 これには飛信隊のメンバーも信自身も驚きます。 信の家で宴会! そこで急遽信の新居で宴会をすることになりました。 皆はそれぞれ家族などを呼びにぎやかな宴となりました。 3日後には信は王宮に行くこととなっており、そのことについて話します。 渕は信が今回の武功だったら将軍になれるのではと目を輝かせています。 尾平もに身だと鼻水を流しながら喜んでます。 我呂は桓騎や楊端和がいることからまだ先だと考えます。 河了貂は王宮に付いていっていいか信に聞き了承を得ます。 政と王宮で再会 王宮で政と昌文君、信と河了貂が再会します。 すごい活躍だったと政は信に言います。 しかしながら将軍になるには問題があるということを信に伝えますが、信はそりゃないだろと信と河了貂は政に詰めかけます。 その問題とは名前のことでした。 将軍になるには信は苗字を持つ必要があるようです。 そこで政は信に苗字をあげるから考えろと言います。 信は急に言われてもわからないと言いますが、政の苗字「嬴」と言いますが、昌文君に即座に却下されてしまいます。 そこで政に考えてもらうように言いますが、政も思い浮かばないというのでした。 漂の苗字 ここで政は漂の時も同じように悩んだことを思い出します。 昌文君に早く決めるように言わる漂は焦りながら考えます。 そこで政が食べているものが何か聞きます。 政は李 すもも と答え、それを聞いた漂は李でお願いしますと決めてしまったのでした。 その回答に昌文君は驚きますが、それを聞いて政はわかったと言い昌文君はさらに驚いていました。 それを聞いた信は漂のことを思い出して、自分も李信にすると言います。 昌文君と河了貂は驚きますが、信と政は納得したような顔で李信となったのでした。

次の