お祝いのお返し。 出産祝い》お返し・金額相場・書き方・渡す時期・お祝い金/兄弟/友人/友達

入学祝いにお返しは必要?失礼にならない「入学内祝い」の贈り方

お祝いのお返し

還暦祝いにお返しは必要? 基本的にお返しは必要ない 本来、還暦祝いは家族などの身内が集まって行うお祝いです。 他の長寿祝い同様、家族への還暦祝いのお返しは基本的に不要で、「ありがとう」と一言お礼をすれば良いという説が多いです。 しかし、還暦祝いも時代と共に多様化しており、現在では身内以外の知人・友人からもお祝いをいただいたり、豪華な食事会や高価なお祝いを贈られたりすることも少なくありません。 そういった場合には感謝の言葉と気持ちだけでなく、お返しを贈るというケースが増えています。 お返しが必要となるケースは? 最近は結婚式や出産祝い等、他のお祝い事と同様に、お祝いをしていただいたらお返しをするのが基本と考えている方が多くいらっしゃいます。 基本的にお返しの必要がない還暦祝いですが、職場の同僚や知人・友人など、身内以外からお祝いをしていただいた場合には、お返しが必要となるでしょう。 還暦祝いのお返しは他のお祝いと同じように「内祝い」としてお返しをします。 贈られた品物にもよりますが、手軽なもので良いのでお返しをするとお相手にも喜ばれます。 内祝いの意味やマナー、贈り方について 本来内祝いには「家にあった祝い事を近しい人や身内で分かち合うために、お祝い事があった家が贈るもの」という意味がありますが、現在ではお祝いの「お返し」としての意味合いで使われていることがほとんどです。 結婚、出産、新築祝いや開店祝いのお祝いごとのお返しも全て「内祝い」として扱われています。 内祝いの贈り方や時期 基本的には手渡しや郵送で贈りますが、家族などが還暦祝いの祝宴を開いた場合には、当日の引き出物として出席者に手渡す形を取ります。 その際欠席した方、招待できなかった方にはなるべく早い時期に贈るのがベストです。 また郵送等でお祝いが届いた場合にも、なるべく早い時期に電話や手紙を用いて感謝の言葉を伝えることを忘れないようにしましょう。 内祝いののしについて 贈り物ののしは「紅白・蝶結び」の水引に、「内祝」「還暦内祝」(相手が喪中の場合は「御礼」)の表書きにします。 そしてただ品物を贈るだけでなく、メッセージカードやお礼状を添えてお返しするのが一般的であり、印象も良くなります。 お祝いの際に添えたいメッセージは? メッセージは季節の挨拶を用いるなど、基本的な手紙の形式に合わせて書くようにするのが望ましいです。 失礼のない範囲で、自由に感謝の気持ちを伝えられると良いでしょう。 相手との関係性によっては、堅い印象を与える文章より親しげな雰囲気のメッセージの方が良い場合もございますので、状況に合わせて手紙を書いていきましょう。 いただいたお祝いに対するお礼だけでなく、これから歩む第二の人生についての抱負を語っても良しです。 なるべく早くお伝えすることを第一に心がけましょう。 お返しのおすすめ例文 拝啓 (時候の挨拶)この度は私の還暦祝いに格別のお気遣いを頂き、ありがとうございます。 ささやかですが、内祝の品をお送りいたします。 今後とも変わらぬ御厚情をいただけますようお願い申し上げます。 敬具 (時候の挨拶)この度は心のこもったお祝いをいただき、誠にありがとうございました。 お礼のしるしに、心ばかりの品をお届けさせていただきました。 今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。 5月:新緑の香りがすがすがしい季節になりました。 6月:あじさいの色が美しく映えるころとなりました。 7月:暑中お見舞い申し上げます。 8月:残暑お見舞い申し上げます。 9月:朝の空気に爽秋の気配が感じられる頃となりました。 10月:さわやかな秋晴れの日が続いております。 11月:朝晩はめっきり寒くなって参りました。 12月:師走に入り、あわただしい毎日が続いております。 1月:年が明け、まだ来ぬ春が待ち遠しく感じられます。 2月:立春とは名ばかりでまだまだ寒い日が続いております。 3月:寒さの中に春の気配を感じる頃となりました。 先程お伝えしたように、相手との関係性によっては堅くならず、くだけたメッセージのほうが良い場合もありますので、状況に応じて使い分けるようにしましょう。 お返しの相場は?• 一般的には高くても1万円くらいまで 基本的な「内祝の相場」が半返し(もらった金額の半分)となっていますので、もらった贈り物よりも高価にすることなく、お相手に気を遣わせないものを選ぶことが大切です。 お返しにおいては手軽なものが好印象で、お返しでまた気を遣わせてしまう気がする場合には食事会を開くなど、「食事を贈る」というのも方法の一つです。 あくまでお祝いの気持ちに対してのお返しですから、気軽かつ手軽にをイメージして贈りましょう。 還暦祝いのお返しにおすすめのギフト• 菓子折り(バームクーヘン)、食べ物• タオルセット• 食器、箸や湯呑み• カタログギフト• お酒 など 還暦祝いのお返しにおすすめなのは、気軽に食べたり、使えたりする軽めのギフトとなっています。 菓子折やグルメギフトが定番ですが、使いやすいタオルや食器のギフト、お相手が気軽に選べるカタログギフトや華やかなお酒などもお返しに喜ばれています。 菓子折り、食べ物 贈りやすい洋菓子のお返し 還暦にぴったりなお返しとして、定番なのが菓子折りです。 贈りやすく、気軽に食べられることから一番に選ばれています。 感謝の気持ちをクッキーで伝えられる、可愛らしさが嬉しい気軽なお返しギフトです。 ちょっとしたお返しにもぴったり。 カラフルでおいしい焼き菓子のワッカは、どんな方にも喜ばれる食べやすさが魅力のお菓子です。 こだわり派の方にもおすすめです。 少し大きなお祝いをいただいた方にはこちらの40枚入りのクッキーもおすすめです。 お母さんの手作りクッキーのような、どこか懐かしくも上質な食感のクッキーは心温まるお返しになります。 還暦らしい和風な菓子折 中でも還暦は長寿のお祝いなので、お祝いの雰囲気に合った「和」の菓子折も人気となっています。 洗練された印象のギフトボックスが嬉しい、贈り物に最適な抹茶のお菓子ギフトです。 内容はどちらも食べやすい食感のお菓子で、人を選ばず贈ることが可能です。 こちらも抹茶のお菓子ですが、もみじ饅頭が入りより和風な印象です。 年輪バウムは還暦らしい抹茶のバームクーヘンで、お返しにも還暦祝いの雰囲気が漂います。 小倉・抹茶・黒糖の三色を詰め合わせた極上素材の羊羹は、和菓子好きにも安心して贈れる上質お菓子ギフトです。 様々なギフトシーンに対応する羊羹は、日持ちも90日間で安心です。 バームクーヘンもおすすめ また、年を重ねることをイメージできる年輪をイメージした食べやすい「バームクーヘン」もお返しに人気です。 これからも明るく年を重ねていきますというメッセージをこめて贈りましょう。 荘重な出雲大社をささえる大柱をイメージして作られたバームクーヘンは、人生の節目の還暦祝いのお返しにもぴったりの品です。 どなたにも愛される気軽で食べやすいギフトの定番です。 バームクーヘンで人気といえばねんりん家のものです。 こだわりぬいたねんりん家のバームクーヘンは、大切なお返しの贈り物にも相応しい一品で、誰もがおいしくいただける納得の仕上がりとなっています。 特別なお祝いをくださった方にはこちらのセットがおすすめです。 バームクーヘンとフィナンシェに今治タオルがセットになっており、より高級なお返しをお探しの方に特にぴったりです。 日持ちする絶品グルメ また、菓子折だけでなくもらって嬉しいグルメ系ギフトもおすすめです。 お返しに最適なのは箱に入った詰め合わせのタイプです。 茶碗一膳のご飯で手軽に魚介入りの釜めしが楽しめる「混ぜご飯の素」の詰め合わせです。 賞味期限は常温240日と長持ちするため、お返しにも嬉しい気軽な絶品グルメギフトです。 和惣菜を提案する「貝新和菜」の贈答用詰合せは、ご飯によく合う美味しいお惣菜が定番となっています。 こちらも賞味期限は常温240日です。 タオルセット 何枚あっても嬉しい上質なタオルは、少し高級なお祝いをくださった方にもおすすめのギフトです。 当サイトでは高品質な今治タオルのセットが人気となっています。 見た目にも美しい真っ白なタオルは高級なお祝いのお返しにも最適の逸品です。 今治本晒の匠の技によるもので、職人のこだわりが感じられます。 先程のセットよりも気軽に贈りたい場合には、こちらの名入れタンブラーとタオルのセットがおすすめです。 名入れが可能なタンブラーは特別感も演出できます。 食器、箸や湯呑み 食べるギフトでなくとも、箸やタンブラー、湯呑みなど使いやすい気軽な雰囲気の食器であれば、お返しにもとても喜ばれます。 真空断熱のオリジナル名入れステンレスタンブラーは、保温効果が抜群の高機能なギフトです。 夏と冬、どちらも活躍するタンブラーは、いつもらっても嬉しいお返しになります。 まるで本物の竹のような手作り湯呑みは、特別な方へのお返しにぴったりの温かな雰囲気漂う品です。 手にも馴染む自然なフォルムが持ちやすく、お茶をよく飲まれる方には特に嬉しい珍しい湯呑みのギフトになります。 手彫り沈金で名前を入れられる高級感のある漆のお箸は、内祝の贈り物としてもぴったりです。 品のあるお箸は朱色と黒色の2色から選べ、幅広い年代に人気のお返しギフトです。 カタログギフト 贈った後、お相手に好きなものを選んでもらえるところが人気のカタログギフトも、還暦祝いのお返しにぴったりのギフトです。 中でもグルメ系や食べ物がセットになったカタログギフトがお返しに人気です。 おもてなしを送るカタログギフトは、高級レストランや料亭のグルメを取り揃えています。 気軽に贈れる価格設定も嬉しい、お返しにぴったりなカタログギフトです。 日本の美味しい物だけを集めたこだわりのグルメカタログは、選ぶのがとても楽しい時間になるギフトです。 気軽に贈れるカタログギフトはお返しに迷ったときにもおすすめです。 こちらもおすすめ!カタログギフトの特集記事 お酒、その他 お酒好きの方にぴったりなのは、オリジナルのラベルがおしゃれな世界に一つだけのお酒です。 また、他にも可愛らしい雰囲気が漂うお花の贈り物もお返しに人気となっています。 ランキング人気一位を獲得している金箔入り芋焼酎は、手書きの華やかなラベルが贈り物にとても喜ばれています。 お酒好きの方へのお返しに一番のおすすめです。 還暦祝いのお返しにはこちらのガラスドームのプリザーブドフラワーも人気です。 可愛らしいデザインのギフトですので、女性へのお返しに最適となっています。 気軽で喜ばれるお返しを贈りましょう お相手がどんな方であっても、気負いすぎるギフトは避け、あくまでも「お返し」らしい気軽なギフトを選びましょう。 そして何よりも感謝の気持ちを早くに伝えることが一番大切ですので、ありがとうのメッセージも忘れずに伝えてくださいね。

次の

還暦祝いのお返しは何を返せばいいの?お返しは必要?人気の返礼品とは?

お祝いのお返し

新築祝いや引越し祝いをもらったとき、いったいどのようにお礼の気持ちを伝えるのが正解なのでしょうか。 また、親族とそれ以外の人で、とるべき対応に違いはあるのでしょうか。 新築祝いや引越し祝いのお礼や、お礼を兼ねたお披露目会を開催するときに覚えておきたいポイントなどについてまとめました。 新築祝いや引越し祝いにお返しは必要? 新築祝いや引越し祝いをもらったときは、お返しの代わりとして、新居に招いて 「お披露目会」を開催するのがマナーとされています。 しかし、中には遠方に住んでいたり高齢だったりして、自宅にお誘いするとかえって相手の負担になってしまう場合もあるでしょう。 そのようなときは、 品物でお礼をしてもかまいません。 どちらの場合でも大切にしたいのが、お祝いをいただいたことに対する感謝の気持ちです。 お披露目会を開催する場合は、その場でお礼を伝え、品物を贈る場合には、お礼状を添えるようにしましょう。 お披露目会をする時のポイント 新居のお披露目会は、お店のレセプションパーティーではありませんから、友人・知人・親戚などを一度に呼ぶ必要はありません。 友人は友人同士、親戚は親戚同士、 自宅が手狭にならない程度の人数で開催しましょう。 お披露目会を開く時期は、引越しの荷物が片付いて身辺が落ち着いた、 転居してから1~2ヵ月後がおすすめです。 来てもらうのは夜よりも、新居の様子がよく見える 日中がおすすめです。 車で来るという場合は、近隣の駐車場などを伝えておき、電車の場合は、駅まで迎えに行くなどして、相手が道に迷うことがないようにしましょう。 また、当日は万が一のときのため、電話やメールでの連絡に、すぐに対応できるようにしておいてください。 お披露目会は親しい人を招いて行うのが一般的ですから、かしこまった挨拶やプログラムは必要ありません。 しかし、相手をもてなす気持ちを込めて、飲み物や食事を用意しておきましょう。 時間帯によっては、軽食やお菓子、お茶などでもかまいません。 また、お披露目会の前にお祝いの品物をもらった場合は、それを飾っておくといった心遣いも大切です。 来てもらった人が気持ち良く過ごせるように気を配りましょう。 こうしたお披露目会は、もらったお祝いのお返し代わりになるものです。 しかし、より丁寧に感謝を示したい場合、来てくれた人が帰るときに引き出物を渡すことがあります。 紅白の蝶結びの水引で、表書きは「新築内祝い」などとするのが正式ですが、親しい間柄であれば、特にのしをかけずに、お土産として地元のお菓子などを渡すのもいいでしょう。 新居祝い・引越し祝いのお返しの品物を贈る場合のマナー お披露目会に来られない人から新居祝い・引越し祝いをもらった場合は、 受け取ってから3週間を目途にお礼を贈ります。 引越し直後は、荷解きやさまざまな手続きなどで忙しい日々が続きます。 誰に何を贈ればいいか忘れてしまったり、贈り漏れがあったりしないように、一覧を作っておくと安心です。 お返しの品物には、 紅白の蝶結びの水引に、のしがついた掛け紙を使います。 表書きは 「新築内祝い」「内祝」などとします。 名前の欄には、 贈り主となる家族の苗字を書きます。 その家に住む人の苗字が複数ある場合は、連名にしましょう。 例えば、親子が同居している場合は、親の苗字を右側に書くというように、目上の人が右側にくるようにします。 また、品物だけを贈ると、もらった側はどういう理由で贈ってくれたのかわからない場合があります。 ぶしつけで失礼にもあたりますから、 必ずお祝いへのお礼状を添えましょう。 このとき、文中には「お返しを贈ります」とは書かずに、 「心ばかりのお品をお贈りします」「ささやかながら内祝いをお贈りします」などとします。 内祝いには、そもそもお返しという意味はありませんし、「お返し」と書いてしまうと、「頂き物をしましたので、こちらからも贈ります」というように受け取られてしまうためです。 新居祝い・引越し祝いのお返しの品物の定番品と相場 新居祝い・引越し祝いに対するお返しの金額は、 もらったお祝いの半額程度が目安です。 とはいえ、親族などから高額なお祝いを受け取ったときは、無理に半返しにこだわる必要はありません。 品物は、タオルやお菓子、飲み物などが好まれます。 食べ物であれば日持ちする物や、小分けにしやすい物など、相手にうれしいと感じてもらえる物を選びましょう。 以前は、「家を焼かない」という意味に通ずる「やかん」や、広い意味で見れば容れ物ともいえる「家」の完成を祝って、「器」を贈る場合もありました。 しかし、やかんは一家にいくつもあっても邪魔になるだけですし、食器も相手の好みやライフスタイルがわからないと迷惑になります。 相手の迷惑にならずに、こうした品物を贈りたいのであれば、食器が含まれるカタログギフトを贈ってみてはいかがでしょうか。 カタログギフトであれば、好みの物を選んでもらえますから、負担になることはありません。 また、特に親しい人や親戚であれば、家の写真を送ったり改めて食事に誘ったりするなど、 品物以外の形で感謝の気持ちを表すというのもおすすめです。 新築祝いや引越し祝いは、親しい人や親族からもらうことが多いものです。 そのため、お返しもかしこまりすぎずに、自宅でのお披露目会や、気軽な食事会を開催するのがいいでしょう。 別れ際に、「またいつでも遊びに来てね」と伝えることで、相手へのお礼と今後も変わらぬ付き合いを望む気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

次の

お返し》お返しの品/結婚祝い/出産祝い/お祝い返し/内祝い/礼状/法事/のし

お祝いのお返し

結婚式に新婚旅行、そして新居選び。 結婚すると同時にさまざまなことを決めていかなければなりませんよね。 結婚祝いのお返しもその1つです。 結婚祝いのお返しを気持ちよく贈るために知っておきたい事柄を見ていきましょう。 結婚祝いのお返しの基本 結婚祝いのお返しで一番大事なのはお返しの時期と品物選びです。 お返しのタイミングを外してしまっては相手の心に響きませんし、失礼にもなります。 受け取った相手が扱いに困るようなものを選ぶことも避けたいものです。 お祝いをいただいたら連絡をする お祝いをいただいたら、まず相手に連絡をしましょう。 結婚祝いは挙式の2カ月前から1週間前くらいまでに贈られることが一般的。 お祝いの品物を確認したら、すぐにお礼の電話をかけるか、数日以内にお礼状を送って感謝の気持ちを表します。 この際にいただいた品物への感想を具体的に話すと、相手の喜びは増すはずです。 結婚祝いのお返しを贈る時期 結婚祝いのお返しを贈る時期は、挙式後1カ月以内です。 贈る相手の自宅に持参するか、配送などで1カ月以内に届くようにしましょう。 結婚式を挙げない場合でもお祝いをいただいてから1カ月以内にはお返しを贈ることが大切です。 結婚祝いのお返しの渡し方 結婚祝いのお返しは相手の自宅への持参するのが好ましいのですが、遠方に住んでいる場合や相手の都合もあります。 配送でも問題はありませんが、お礼状をきちんと添えましょう。 結婚祝いのお返しを贈るときの注意点 結婚祝いのお返しを贈る相手は、結婚祝いをくださった人のうち披露宴に招待や出席ができなかった人です。 結婚祝いのお返しは披露宴の出席者にお渡しする引き出物に代わるものですから、きちんとお返しすることが大切です。 結婚祝いをいただいたらすぐにお礼を、お祝いをいただいたときは電話かお礼状で感謝の気持ちを伝えます。 披露宴に出席しなかった人からのお祝いですから、式の様子や新婚生活について伝えるのもよいでしょう。 贈り漏れがないようにする 贈り漏れがないようにするのは当然です。 そのためにあらかじめ「お返しリスト」を作っておいて、結婚祝いをいただいたら名前や住所、連絡先、いただいたものと大体の金額などを書き込んでおきましょう。 お返しをする時期が相手によって違うこともありますから、贈った人にはチェックを入れておくとより確実です。 贈る時期が遅れないようにする 贈る時期が遅れてしまっては相手に不快感を与えかねません。 式後1カ月以内に贈ることを忘れないようにすべきです。 地域の慣習をチェックする 地域の慣習がいまも残っていることがあります。 関西ではいただいたお祝いの金額の1割を「おため返し」としてお帰りの際にお渡しする地域があります。 地域によって慣習はさまざまですので、しっかりと確認してから贈るようにしましょう。 こんな場合はどうする? イレギュラーな場合の対処法 最近は結婚式や披露宴への考え方もさまざまで、結婚式を挙げないケースもあります。 また、お祝いについて会社や取引先から「連名」でいただくことがあります。 こうしたイレギュラーな場合の対応について見ていきましょう。 結婚式を挙げない場合 結婚式を挙げなかったとしても、新郎や新婦が友人の結婚式に出席していた場合は結婚祝いをいただくことがあります。 結婚祝いをいただいてから1カ月以内には内祝いを贈りましょう。 会社や取引先から連名でいただいた場合 会社や取引先から連名で結婚祝いをいただくケースがあります。 この場合もお返しはお祝いの2分の1程度が相場です。 一人当たりのお返しする額が少なくなってしまう場合がありますが、お菓子やミニタオル、入浴剤といった小分けにできるギフトを考えましょう。 結婚祝いのお返しの選び方 結婚祝いのお返しはどのようなものを選べばいいか迷いますよね。 以下で紹介するポイントを押さえて、お返しを選びましょう。 お返しの金額はいただいたものの2分の1から3分の1 お返しの金額はいただいたものの2分の1から3分の1程度が一般的です。 上司の場合は3分の1、部下の場合は2分の1が基本となります。 高額なお祝いをいただいた場合はもっと少ない額とすることもあり、相手との関係性などをしっかりと考えて決める必要があります。 相手の家族構成などを考えて選ぶ 相手の家族構成などを考えるのが商品選びのコツです。 家族でのティータイムに使ってもらおうとか、1人暮らしにも欠かせないタオルから選んでみるとか、相手の姿を思い浮かべながら選びたいですね。 相手の好みがわかならかったらカタログ式ギフトがおすすめ 相手の好みが分からなかったらカタログ式ギフトがおすすめです。 食品のみのカタログ、雑貨や体験型ギフトに特化したもの、スイーツとセットになったものもあります。 受け取る相手にとっては、自分の好きなものをカタログの中から選べるメリットがあります。 お返しには向いていないものとは? お返しの品物を選んで贈っても相手を不快にさせてしまっては意味がありません。 どんなものがお返しに向いてないのか確認していきましょう。 いただいたお祝いよりも高すぎる・安すぎるもの いただいたお祝いよりも高すぎるものや安すぎるものはどちらも避けましょう。 お返しの相場はいただいたものの2分の1から3分の1程度です。 高すぎると相手が萎縮したり、気分を害したりします。 また、安すぎると失礼になります。 「割れる」「切れる」もの(縁起の悪いもの) 「割れる」「切れる」ものは縁起が悪いとされています。 「縁が切れる」ことをイメージさせることから「刃物」も避けるのが一般的です。 肌着 肌着を贈るのは「着るものに困るほど生活が苦しいと思われているのでは」と受け取られかねないため控えた方がよいとされています。 出産祝いで子どもの肌着を贈るとき以外は避けましょう。 現金 現金は基本的に避けるべきだとされています。 「渡したお金をそのまま返された」と受け止められることもあります。 金額がストレートに分かってしまう点も好まれません。 結婚祝いのお返しの定番&人気ギフト 結婚祝いのお返しは、好きなものを選んでいただけるカタログ式ギフトや幅広い層に喜んでいただけるお菓子、日用品のタオル、ワンランク上のワインセットなどが人気です。 いずれにしても相手のライフスタイルに合わせたものを選びましょう。 カタログ式ギフト カタログ式ギフトは相手の好みやライフスタイルがはっきり分かっていなくても喜ばれるギフトです。 一番人気の「カタログ式ギフト サンクスMimosa Yellow・ミモザ イエロー 5,280円・税込 」は雑貨約1730点、グルメ約250点から選んでいただけます。 結婚祝いのお返しで贈りたい!人気のギフト 一番人気はお菓子で価格帯もさまざまなものが選ばれています。 お菓子以外では先方に選んでいただくカタログ式ギフト、年配の方にも喜ばれるちりめん山椒などの詰合せも人気です。 冷蔵庫で冷やして食べるのがおすすめです。 つるんとしたのど越しが爽やかなひんやりデザートは子供から大人まで喜んでもらえそう。

次の