目 整形 費用。 目の下のたるみ・膨らみがひどい場合整形はあり?費用や効果について

目の下のクマ治療 : 二重まぶた(二重瞼)・目もと(目元) : 美容整形の高須クリニック

目 整形 費用

それは韓国というお国柄によるものだったのです。 美形を意識する文化 韓国では、生まれたときから 「美系か美形でないか」を ジャッジされます。 そして成長の過程でも、 大人たちから常々、美形かどうかを 言われ続けます。 そのため韓国の子どもたちは、 美形であることに強くこだわる ことになるのです。 その文化の良し悪しはともかく、 早くから美意識が高いことで、 美容整形を望む人が多いという事実が ここでは重要になります。 美容整形の門が広い 韓国の高い美意識を持った文化はそのまま、 美容整形界にも波紋を広げています。 日本で「美容整形に通っている」とは、 言いにくいですよね。 美容整形をしたことを隠す人はいても、 わざわざ公言するヴァニラさんのような 存在は珍しいと言えます。 しかし 韓国では多くの女性が 年頃になると当然のように 美容整形外科に行きます。 綺麗であることこそ、 自身の価値を高めるものである ということが、 文化に定着しているからです。 もちろん美容業界も腕をあげます。 ニーズ多き世界が発展するのは 自然の原理ですからね。 日本からの集客力がすごい 飛行機で1時間ちょっとの国である韓国。 すぐお隣の国では、 顔にフードをしてマスクで隠して こそこそと美容整形をする 女性がいる文化の日本。 けれども女性を外見で判断し、 美しくなることで 格段に生きやすくなる世の中である という事実は同じ。 韓国の女性も日本の女性も 美容整形できれいになりたい という気持ちは、 常に持ち続けているのです。 そこで韓国で美容整形をしよう という日本人女性が急増中。 コチラの記事は必ずチェック!!• 美容整形ツアーまであるって知ってた?! こうした美容整形界の事情を踏まえて、 何と旅行会社が日本人女性向けに ユニークなツアーを提案。 その名も、 「 韓国美容整形ツアー」 その名の通り、 韓国に行ってツアー会社の推奨する 美容整形医院にいき、 お好みの美容整形を受けることができるツアー。 旅費と滞在費、美容整形費を 一括で支払う格安のツアーです。 日本にいても、 どの美容外科に行けばいいのかがわからずに 困ってしまっている方。 こうしたツアーであれば、 日本の大手の美容クリニックに行くように、 韓国の大手美容クリニックの施術を 試すことができ、 しかも、 旅行気分も味わえる というお得感。 美容整形の経験者もそうでない人も、 腕の確かな韓国で美容整形を 検討してみてはいかがでしょうか。 「旅行に行くから」 と仕事を長期でお休みするため、 美容整形をしたことを 周囲にばれずに済みますよ! 美容整形ツアーin韓国の料金はどのくらい? では、気になる料金について調べてみました。 お隣韓国の美容整形料金は、 日本と比べてどのくらい違うのでしょうか。 物価は日本よりも安そう。 まだマーケットとして 定着しているわけではないので、 韓国美容整形ツアーの料金は、 会社によってピンきりである と思ってください。 HARU 美容大国韓国での美容整形ツアーを 提供している会社 HARUです。 肝心の手術料は 韓国の医者に問い合わせてください とあるので、 韓国の美容整形にかかる費用が どのくらいかは不透明。 もちろん HARUのスタッフに問い合わせれば、 大体の目安を教えてくれるでしょう。 美容整形ツアーでかかる料金のうち、 一番コストがかかるのは宿泊費でしょうか。 HARUの宿泊費は、 手術代が• 50万円以上で5日間無料• 100万円以上で1週間無料• 150万円以上で2週間無料 高額の手術をすればするほど 滞在費が安く済むのですが、 ダウンタイムを考えると このくらいは滞在すべきでしょう。 抜糸や術後のカウンセリングも しっかりとしてから日本に帰りたいので、 聞き残しや不満を持ったまま帰国しないよう、 滞在スケジュールはしっかりと立てましょう。 また、 通訳ありのカウンセリングが 1回5,000円。 整形手術前にしっかりと 自分の要望を伝えるために、 通訳は欠かせませんよね。 ナビコリア ナビコリアの宿泊費も、 手術費用が 500万ウォンを超えたら無料となります。 500万ウォンは約50万円ほどです。 しかも5~15泊無料と、 長期滞在も視野に入れやすい設定。 空港までの送迎や通訳料も、 クリニックまでの送迎も無料です。 更にカウンセリングだけの滞在であっても、 1泊は無料になるというプチサービス付き。 ナビコリアが運営する 「ナビハウス」なるアパートは、 ソウルの中心街に位置します。 長期滞在用に、 テレビ・ベッド・冷蔵庫・ドライヤー 電子レンジ・無線ラン・炊事用具 シャンプーなどのアメニティなどなど、 生活に必要なものは一通りそろっています。 二重整形埋没法:73,300円• 切開法:11万3,300円• 目頭切開:113,300円• 鼻翼縮小手術:153,300円• 豊胸手術:333,300円~• 脂肪吸引:83,000円~• ボトックス:33,000円• 顔面釣りあげ術:140,000円• 金の糸:10万円~• 自毛植毛:10万円~• インプラント一本:10万円~ こちらは若干お値段が上下します。 金の糸の手術など、 日本に比べると格段に安くて驚きますよね。 施術するクリニックによって 金額が大きく変わるのは、 日本でも同じことです。 韓国が好きな方は、旅行がてら 金の糸を入れてもいいかもしれません。 日本で入れると 60万円ほどするクリニックもあるので、 旅行代金分くらい差額でカバーできちゃいますよ。 こちらのクリニックのメニューには、 他にも気になるものがいくつもありました。 どのクリニックにも「再手術」という項目があります。 もしも万が一失敗した場合でも、 アフターフォローはきちんとしていそうですよね。 ただし お隣の国とはいえ国外です。 あわただしい美容整形ツアーに参加して、 日本に帰ってから失敗に気が付く という事も考えられるので、 日程は余裕をもって計画してくださいね。 アルムダウンナラのカタツムリケアがおすすめ! 韓国の中でも 美容のメッカと言われている 江南。 そこにある アルムダウンナラという 美容整形クリニックは、 日本人のリピーターも多数の 優良クリニックだとか。 韓国に慣れてきたら 是非とも言ってみたいクリニックの 一つですよね。 そこでの カタツムリケアが 「 超美肌になる!」 と話題です。 美肌大国韓国では、 カタツムリのねばねば成分を使った 美肌術が最先端を行っています。 整形というよりもまずは 美肌から始めたい人は、 是非とも旅行の際に立ち寄ってみてください。 お値段は 90分の美肌コースで1万5千円ほどです。 初めての人は不安で仕方がないと思います。 芸能人から火がついた韓国美容整形 しかし ちょっとネットで調べてみるとわかるのですが、 韓国で美容整形をし始めたのは、 一般人ではなく芸能人の方が先なのです。 日本の女優さん、モデルさんたちが 韓国の美容整形に夢中になり、 そこから一般人へと浸透したのです。 女優さんこそ美の最先端。 誰よりも美に対する追求が厳しい職業ですよね。 そんな女優さんたちが選んだからこそ、 韓国の美容整形には信頼がおけるのです。 うわさの範囲内で言うと、 小雪さん 藤井美菜さん 釈由美子さん 板野友美さんなどなど。 韓国であれば 人知れず整形をすることができ、 ばれずに帰国することもできます。 もちろんうわさの範ちゅうで、実際にやっているとは限りません。 韓国の美意識 お隣の国とは言え、 韓国と日本の美意識は若干異なります。 韓国ではチェジウのように 鼻のラインがスッと通って透明感のある 松嶋菜々子さんのような顔が人気。 日本でも松嶋菜々子さんは大人気ですが、 それよりも 佐々木希さんや桐谷美玲さんのような、 どちらかというと 西洋人よりの顔が人気です。 石原さとみさんのような エロさを兼ね備えた美人も、 やはり日本での人気は高いですよね。 国はもちろん、 クリニックや医師ごとに美意識が違い、 自分の顔の好みと合った医師やクリニック を探すことをおすすめします。 韓国で美容整形するのならば、 目指す理想の女優さんに 韓国人女優さんを挙げていくと イメージが伝わりやすいでしょう。 一方で、佐々木希さんのような顔を 目指すのであれば、 韓国よりも日本で施術した方が イメージに近い顔になる ことができるかもしれません。 もちろん 「絶対」ではありません。 しかし安易に 「安いから」 「流行りだから」 「旅行のついでだから」 と韓国で美容整形するのではなく、 自分のなりたい顔のイメージによって、 整形を行う国やクリニックを選ぶ方が、 結果的に 理想に近い状態になりやすい と言えるのです。

次の

プチ整形にかかる費用の目安は?安心安全な美容整形外科の選び方

目 整形 費用

この記事の目次• 目の美容整形の種類 目の美容整形は、一重を二重にするなど、目を大きく見せるものが基本になります。 ただ、「目を大きく見せる」というだけでも、たくさんの種類の美容整形がありますので、目の美容整形の代表的な6種類をご紹介します。 二重埋没法 二重埋没法は「プチ整形」として気軽にできる美容整形で、簡単に二重になることができるので、若い女性を中心に人気がある美容整形になります。 埋没法はメスを使わない美容整形です。 医療用の髪の毛よりも細い糸で瞼の筋肉と皮膚を2ヶ所留めることで、二重を作ります。 麻酔を使うため、痛みは少なく、10分程度で施術が終了し、手術当日からシャワーを浴びれますし、術後の腫れが少ないというメリットがあります。 二重切開法 二重切開法は瞼を切開して、縫い合わせることで、キレイな二重を作る美容整形になります。 二重切開法は、二重を作るラインを決めて、メスで瞼を切開し、瞼の脂肪を取り除いてから、縫合することで、二重を作ります。 埋没法は糸が切れてしまうと一重に戻ってしまうリスクがありますが、切開法では一重には戻ることはありません。 また、自分の理想とする二重のラインを作ることができるというメリットがあります。 目頭切開法 目頭切開法は、目を大きく見せるための美容整形になります。 蒙古ひだという目頭から上瞼にかけての皮膚を切開することで、目の横幅を広げます。 目頭を切開することで、離れている目を近く見せることができますし、目を一回り大きくパッチリとした目元にして、目力をアップさせることが可能なのです。 目尻切開法 目尻を切開することで、切れ長で大きな目に見せることができます。 大きな目に見せることができますので、顔のバランスを整えることができます。 また、細く小さなきつい印象の目がくりっとした柔らかい印象の目にすることができるのです。 眼瞼下垂 瞼が下がり気味で、眠そうな目、ダルそうな印象の人がいますよね。 そういう人は眼瞼下垂の手術を受けることで、パッチリとした目元に変えることができ、目の縦幅を大きくすることで、目を大きく見せることができるのです。 眼瞼下垂の手術は、上の瞼を動かす筋肉である眼瞼挙筋を縫合して縮めることで、瞼が開く力を強化させます。 眼瞼下垂は肩こりや頭痛、眼精疲労などの原因にもなるものですから、眼瞼下垂の手術をすることで、目を大きく見せるだけでなく、これらの症状を緩和させることもできます。 眉下切開 眉下切開法は上の瞼がたるんでいる人におすすめの美容整形になります。 眉の下を切開して、上瞼の余計な皮膚や脂肪を取り除き、丁寧に縫合していくことで、上瞼のたるみを取って、スッキリした目元にすることができます。 上瞼の脂肪や皮膚を取り除いて、たるみを取ることで、目を大きく見せることができますし、若々しい目元に変えることができるのです。 隆鼻術(シリコンプロテーゼ) 鼻が低くて悩んでいる人は、鼻にシリコンプロテーゼを入れることで、鼻筋を通す隆鼻術の美容整形を受けると良いでしょう。 鼻が低いと、平べったく凹凸が少ない顔の印象になりますが、シリコンプロテーゼを入れて、鼻筋を通すことで、堀が深く、ハッキリとしていて、整った印象の顔立ちになることができるのです。 隆鼻術は鼻の穴の中から切開してシリコンプロテーゼを入れますので、傷跡は一切目立ちません。 鼻を高くするためには、ヒアルロン酸を注入する方法もありますが、ヒアルロン酸の注射だけでは、シリコンプロテーゼを入れるのとは違って、永久に鼻の高さを保つことはできません。 ヒアルロン酸は2~3年で体内に吸収されますので、注意が必要です。 小鼻縮小 鼻の美容整形の種類、2つ目は小鼻縮小です。 鼻の穴が大きい、鼻が横に広いなどの悩みを抱えている人は、小鼻縮小の手術を受けると良いでしょう。 鼻の穴の内部から切開して、余分な皮膚や組織を除去してから縫合することで、小鼻を小さくすることができます。 どんな鼻にしたいかによって、術式が少し異なりますので、納得いくまで医師に相談して、鼻のデザインを決めると良いでしょう。 鼻中隔延長 鼻中隔延長は鼻先を下の方に伸ばす手術になります。 鼻中隔の軟骨が小さいと、鼻の穴が上に向いているような鼻、「ブタ鼻」になってしまうんです。 鼻先を伸ばすことで、鼻の穴が上向きになっているのを修正して、鼻の穴が目立たなくなりますし、鼻筋が通ってシュッとした印象の鼻になるのです。 この手術に使う軟骨は、自分の耳の軟骨(耳介軟骨)や肋骨の軟骨(肋軟骨)を採取して使います。 鼻尖形成 鼻尖形成は、鼻先を細く整えることで、だんご鼻などのボテッとした鼻をタレントやモデルのようにスッキリとした鼻にすることができます。 鼻尖形成は鼻先にある軟骨や脂肪などの余分なところを取り除くことで、細い鼻先を作ります。 関連記事 ・ 輪郭や顎の美容整形の種類 小顔になりたい人は、輪郭や顎の美容整形の種類をチェックしておきましょう。 輪郭や顎の美容整形もたくさんありますので、どのような種類があるかを説明していきます。 顎形成(シリコンプロテーゼ) 輪郭や顎の美容整形の種類、1つ目は顎形成です。 顎にシリコンプロテーゼを入れることで、顎が前に出るようになりますので、理想的な顎のラインを作ることができます。 また、顎がスッキリとして、立体感のある顔立ちになることができますし、横顔のバランスがキレイになります。 口の中の粘膜を切開して、シリコンプロテーゼを入れますので、傷が目立つこともありません。 ヒアルロン酸を顎に注入することで、理想的な顎のラインを形成することができますが、2~3年で体内に吸収されるので、元に戻ってしまいます。 骨削り 骨削りには、顎削り、えら削り、頬削りの3種類があります。 余分な骨を削ることで、フェイスラインを整えることができるのです。 顎削りは顎が長い、顎が突き出ているなどの悩みがある人におすすめです。 口の中から切開して、余分な骨を削ることで、キレイな顎のラインを作ります。 えら削りは口の中の粘膜を切開して、えらの部分の骨と余分な筋肉を削ります。 えら削りをすることで、顔が一回り小さくなり、シュッとした小顔になることができるのです。 頬削りは、耳の横の生え際や口の中を切開して、頬骨を削ります。 頬骨を削ることで、柔らかく女性的な印象にすることができますし、小顔になることができるのです。 骨切り 骨切りの美容整形は、骨削りと似ていますが、削るのではなく切ってしまうので、より高い効果が得られます。 えら切りは下顎骨の厚みを減らし、下顎角(えらの骨)を切除します。 顎の骨切りは顎の骨を水平にカットしたり、顎の骨の中心部を切除した後に左右の骨をつなぎ合わせることで、ほっそりとした顎を作ることができます。 頬骨切りは頬骨の出っ張っている部分をカットして、さらに頬骨を内側に移動させることで、フェイスラインを整えます。 額形成(シリコンプロテーゼ) 額に丸みを出すことで、顔を立体的に見せることができ、外国人のように彫が深い顔立ちになることができます。 関連記事 ・ アンチエイジングの美容整形の種類 若々しく見られたいというあなたは、アンチエイジングの美容整形の種類を知っておきましょう。 アンチエイジングの美容皮膚科の領域での施術が多く、ヒアルロン酸を注入したり、ボトックス注射をして、しわやたるみを取るものが多いのですが、針や糸、メスを使った施術もあります。 ここでは、針や糸、メスでの美容整形の一例をご紹介します。 糸を使った施術 糸を使ったアンチエイジングの美容整形は、皮膚の中に糸を格子状に埋め込むことで、コラーゲンや血管の再生を促し、しわやたるみを取って、若々しい肌を作り出す美容整形方法です。 しわやたるみのほかに、毛穴の開きやくすみなども改善することができます。 この施術に使う糸は純金のとても細い糸や、体内で溶けて吸収される糸などが用いられます。 フェイスリフト フェイスリフトは、メスを使ったアンチエイジングの美容整形になります。 髪の生え際や耳の周辺など目立たない部分を切開して、たるみがある皮膚や筋肉組織を引っ張り上げて固定するので、しわやたるみが一気に解消しますし、そのしわやたるみが戻ることもありません。 顔全体のフェイスリフトをすることもできますし、首や頬など一部分だけをリフトアップすることも可能です。 胸の美容整形の種類 胸を大きくしたいなどの悩みを抱えている人は、胸の美容整形をチェックしておきましょう。 胸の美容整形は、豊胸だけではないって知っていますか? 豊胸(プロテーゼ) 豊胸の美容整形の代表的なものが、シリコンプロテーゼの挿入です。 脇の下を切開して、プロテーゼを挿入することで、2カップ以上のバストアップが可能になっています。 プロテーゼの形や大きさはたくさんありますので、理想的なバストになることができるのです。 また、プロテーゼをどこに入れるのかによって、仕上がりも変わります。 乳腺下法、大胸筋下法、大胸筋膜下法の3つから選ぶことができます。 豊胸(脂肪注入) 自分の脂肪を注入することでも、豊胸することができます。 自分自身のお腹や太ももから脂肪を吸引して、その吸引した脂肪の中から良質なものを選んで、それを胸に注入する美容整形です。 自分の脂肪を注入して、豊胸しますので、豊胸後の手触りや見た目が自然になります。 陥没乳頭 乳首が引っ込んでいて、刺激しても出てこない状態が陥没乳頭です。 陥没乳頭は、将来の授乳の妨げになることがありますし、乳腺炎などが起こりやすくなります。 乳輪部分を切開して、乳首の裏から乳首を押し上げることで、陥没乳頭を治します。 この方法なら形を整えることができますし、乳管を傷つけることがなく、将来の授乳にも差し支えることはありません。 また、傷跡も目立たないという特徴があります。 乳頭縮小 乳首が大きくて悩んでいる人は、乳頭縮小の美容整形をすると良いでしょう。 乳頭縮小は、乳首の根元をカットして、縫い付けることで、乳首を小さくし、また形を整えることができますので、キレイな胸を作ることができるのです。 乳輪縮小 乳輪が大きくて悩んでいる人は、乳輪縮小の施術を受けましょう。 乳輪が大きい場合の手術方法は、たくさんありますが、基本は乳輪の外側部分を丸く切開し、縫い付けることで、乳輪を小さくします。 乳腺を傷つけることはありませんので、将来の授乳にも影響はありません。 関連記事 ・ 脂肪吸引(痩身)の美容整形 次の美容整形の種類は脂肪吸引です。 脂肪吸引は、太ももはお腹、二の腕などの部位がありますが、基本の施術方法はどれでも同じです。 皮膚の目立たない部分を小さく切開し、そこから細いカニューレ(管)を入れて、脂肪を吸引することで、理想のボディラインを手に入れることができます。 脂肪吸引は確実な部分痩せができるというメリットがあります。 ただ、脂肪吸引後は術後の腫れを抑えて、キレイなボディラインにするために、ガードルやサポーターを一定期間つけていなければいけません。 女性器の美容整形の種類 女性器に悩みを持っている人は、美容整形で悩みを解決できます。 女性器に関しては、なかなか周囲の人に相談できないので、悩んでいる人も多いのではないでしょうか? 小陰唇縮小 小陰唇が肥大していて大きさに悩んでいたり、左右不ぞろいの形に悩んでいる人は、小陰唇縮小の手術を受けると良いでしょう。 小陰唇の不要な部分をカットすることで、形を整えて、小さくすることができます。 膣縮小術 出産等で膣が広がってしまった人は、膣を収縮させることで、悩みを解決することができます。 膣の入り口から3~4センチの部位を縫い縮めることで、膣を狭める手術を行います。 美容整形の種類についての総まとめ ・二重埋没法:プチ整形として有名で気軽にできる目の整形 ・二重切開法:瞼を切開して縫い合わせる目の整形。 理想どおりになる ・目頭切開法:目を大きくするための美容整形。 ぱっちりアイになりたい人に ・目尻切開法:目尻を切開して切れ長で大きな目にできる美容整形 ・眼瞼下垂:瞼が下がり気味な人におすすめの美容整形 ・眉下切開:上の瞼がたるんでいる人におすすめの整形 ・隆鼻術(シリコンプロテーゼ):鼻にプロテーゼを入れて鼻筋を通す整形 ・小鼻縮小:鼻の穴が大きい人や鼻が横に広い人におすすめの整形 ・鼻中隔延長:ブタ鼻を治したい人におすすめ。 鼻先を伸ばす整形 ・鼻尖形成:団子鼻などのボテっとした鼻をスッキリとした鼻に治す整形 ・顎形成(シリコンプロテーゼ):顎にプロテーゼを入れて立体的な顎にする ・骨削り:フェイスラインを整えたい人におすすめの整形 ・骨切り:骨削りより効果が高い美容整形でフェイスラインを明確に整えられる ・額形成(シリコンプロテーゼ):額に丸みを出せる美容整形 ・糸を使った施術:糸を使ったアンチエイジング整形でシワやたるみを改善 ・フェイスリフト:メスでたるみや筋肉組織を引っ張り上げて固定させる ・豊胸(プロテーゼ):脇の下を切開してプロテーゼを挿入する豊胸方法 ・豊胸(脂肪注入):自分の尻や太ももから脂肪を吸引して胸に注入する方法 ・陥没乳頭:乳首が引っ込んでしまっている人の施術 ・乳頭縮小:乳首が大きくて悩んでいる人におすすめの整形 ・乳輪縮小:乳輪が大きくて悩んでいる人におすすめ ・痩身の美容整形は、脂肪吸引が代表的 ・小陰唇縮小:小陰唇が肥大している人や不揃いの人のための整形 ・膣縮小術:出産などで膣が広がってしまった人におすすめ 美容整形の種類をまとめました。 美容整形の手術は、その部位によっていろいろなものがありますが、細かく分類すると、ご紹介した種類よりももっとたくさんあります。 どんな施術を受けるのかは、美容整形の医師としっかり相談して、メリットとデメリット、リスクなどにすべて納得してから、美容整形を受けるようにしましょう。

次の

目の下のたるみ・膨らみがひどい場合整形はあり?費用や効果について

目 整形 費用

主に、下まぶたの眼窩内脂肪が前方に張り出すことによってできる「膨らみグマ(目袋)」、目の下が窪んで影ができて生じる「影グマ」などがあります。 それら以外にも、目の下の皮膚に小じわができることによりクマが強調されたり、目の下の皮膚の血行が悪いことにより色が黒ずんでクマが強調されたり、皮膚の下の血管が透けて見えることや、色素沈着によってクマが強調されることもあります。 また、クマができている人のほとんどは、一つの原因だけでクマができているのではなく、複数の原因が重なってクマが形成されていることが多いです。 以下に、それぞれの種類のクマができる原因と仕組み、治療法について詳しく解説させていただきます。 俗にいう、目袋、膨らみグマです。 一般的に、加齢により、眼球を支えるロックウッド靭帯が緩み、立位の状態で眼球が重力で下に下がり、その重みで下眼瞼の眼窩内脂肪が前方に押されて、目の下が膨らむことになります。 目の下が膨らむことにより、膨らみの下に影ができ、余計にクマが強調されることもあります。 このタイプのクマは、遺伝的な要素に左右されることが多く、父親や母親に目袋があると、ご自身にも目袋があることが多いです。 それは、このクマが、眼球の周りの骨の骨格、脂肪や筋肉の付け方、眼球、骨、軟部組織の位置関係により生じるからです。 目の下の脂肪の膨らみによるクマの治療方法 膨らみグマの治療は、下まぶたの眼窩内脂肪を適量除去することになります。 通常、局所麻酔下に、下まぶたの裏側の粘膜に炭酸ガスレーザーで小さな穴を開け、そこから眼窩内脂肪を適量取り出して切除します。 この手術は、適量の眼窩内脂肪を除去しておくと、ほとんどの人は、将来2回目の手術が必要になることはありません。 脂肪細胞の数は、年をとってもほぼ一定であるため、一度脂肪を適量除去しておけば、将来脂肪が増えたり、大量に下に下がってくることはないからです。 また、この膨らみグマができる眼窩内脂肪は、年をとればとるだけ下に下がってきて酷くなる傾向があります。 そのため、早いうちに脂肪を除去して、クマを改善させるほうが、酷くならないで済みます。 酷くなってから脂肪を除去すると、膨らんだ皮膚が萎んで、目の下に小じわができることがあるからです。 酷くならないうちに脂肪を除去しておけば、小じわが増えることはないし、将来酷くなる予防にもなります。 目の下が窪んでいると、窪んでいる部分に影ができ、クマが強調されてしまいます。 俗にいう、「影グマ」です。 影グマも膨らみグマと同様に、遺伝的な要素に左右されて出てくる人が多く、父親や母親に影グマがあると、ご自身にも影グマが出てくることが多いです。 それは、このクマが、眼球の周りの骨の骨格、脂肪や筋肉の付け方、眼球、骨、軟部組織の位置関係により生じるからです。 一般的に、痩せていて、目の下の皮膚が薄く、皮下脂肪があまりついていない人にできやすいです。 目の下の脂肪の膨らみによるクマの治療方法 影グマの窪みに対しては、ヒアルロン酸を注入して窪みを埋めて、平らに近づける方法が良いでしょう。 窪みが埋まって平らになれば影ができなくなり、クマが改善します。 目の下にヒアルロン酸を注入する場合、目の下専用の粒子の細かい柔らかいヒアルロン酸を使用します。 目の下は非常に皮膚が薄くて繊細な部位であるため、硬いヒアルロン酸や粒子が大きいヒアルロン酸を注入すると、表面が凸凹になってしまうことがあるからです。 Tips:目の下の脂肪注入やPRP、成長因子などの注入をあまりお勧めしない理由 私に関しては、目の下の窪みを注入で膨らませるとき、ほとんどの場合はヒアルロン酸注射で行い、脂肪注入やPRP、成長因子などの注入は行いません。 理由は、目の下は非常に皮膚の薄い部位であるため、注入後に凸凹になりやすいからです。 特に脂肪は、ヒアルロン酸に比べて粒子が大きく荒いため、相当細かく丁寧に控えめに注入しないと、かなりの確率で凸凹になります。 実際、目の下の脂肪注入を専門にやっていると謳っている他院のクリニックで脂肪注入を受けた人が凸凹になって、修正目的で高須クリニックに訪れることがよくあります。 しかし、残念なことに、脂肪は永久的にしっかりと定着しているため、綺麗に取り除くことができず、修正不可能であることがほとんどです。 仮に一時的に綺麗に脂肪が定着したとしても、将来年をとって、目の下の皮膚が薄くなったときに凸凹が目立つようになることもあります。 また、注入して定着した脂肪は、身体が太ると肥大して大きくなり、痩せると小さくなります。 そのため、脂肪注入して、しばらくは良かったのに、食べ過ぎて太ると、目の下が不自然に膨らむことがあります。 PRPや成長因子も、目の下の皮膚が薄い部位に注入すると、凸凹になってしまう確率が高いです。 しかし、残念なことに、この場合も永久的にしっかりと定着しているため、綺麗に取り除くことができず、修正不可能であることがほとんどです。 こういった理由もあり、私に関しては、目の下に脂肪を注入したり、PRPや成長因子を注入することはせず、一概にはお勧めいたしません。 注射の後は、当日からメイク、洗顔してもらっても大丈夫です。 極細の注射針で行うため、直後でも腫れはわずかです。 注射した後は、お帰りいただくまでの間しばらく、氷嚢(アイスノン)で冷していただきます。 5~10分程度冷やしていただき、針穴から出血していなければ、メイクをして帰っていただいても大丈夫です。 もちろん、洗顔もしていただいて大丈夫です。 入浴に関しては、注射した当日は、身体が温まって血流が良くなることによって、腫れが出やすい状態にあるため、軽めのシャワー程度にしておくのが無難です。 どうしても注射した当日に湯船に浸かりたい場合は、ぬるま湯に短時間(5分以内くらい)の入浴くらいに済ませるのが無難です。 同じ理由で、注射した当日のサウナ浴、岩盤浴も避けるのが良いです。 注射した翌日には、普段通りの入浴をしても大丈夫です。 サウナ浴、岩盤浴なども翌日から可能です。 注射した当日は激しい運動は控えていただくのが無難です。 極細の注射針で行うため、直後でも腫れはわずかです。 注射後の痛みもほとんどありません。 しかし、あくまで、針を刺して注入を行っているので、激しい運動をして、血流が良くなると、針を刺したところが、多少腫れてくることがあります。 場合によっては、注射直後はほとんど腫れていなかったのに、注射した当日に激しい運動をしたことにより、内出血が生じて、青くなってくることもあります。 注射当日に激しい運動をしたことにより、腫れてきたり、内出血を起こしても、必ず引くし、最終的な仕上がりに特別影響が出ることはまずないのですが、せっかくダウンタイムのないほとんど腫れない治療なのに、腫れや内出血が出てしまうと、悲しいものがあります。 そのため、注射した当日は、普通に歩いて帰ったり、家事をしたりする動作くらいは問題ありませんが、激しい筋力トレーニング、ランニング、エアロビクスなどはあえて行わないのが無難です。 ただし、注射した当日は絶対に運動してはいけない、注射当日に運動をすると取り返しのつかないことになるというわけではないので、注射した当日にどうしても運動したいという人は、腫れや内出血が出る可能性があることを頭の中に入れ、自分の身体と相談しながら運動してください。 ヒアルロン酸などの注射による治療をする際に、最も高い頻度で生じるリスクは、注射後の内出血です。 注射後の内出血は全ての人に生じるわけではありません。 むしろ内出血を生じない人のほうが多く、内出血が生じてしまうのはだいたい10人に1人くらいの割合です。 内出血が生じる原因のほとんどは、注射針が偶発的に細い血管に当たってしまうことです。 私達医師は注射する際、なるべく針が血管に当たらないように注意深く丁寧にさせていただいておりますが、どれだけ慎重に注射しても、10分の1程度の確率で内出血は生じてしまいます。 程度の軽い内出血であれば、1週間くらいでほとんど消えてしますが、運悪く強い内出血が出てしまうと、消えるまで2週間程度かかることがあります。 しかし、注射による治療の後は治療当日からメイクをすることができるので、内出血が出てしまってもファンデーションやコンシーラーで隠すことができます。 また、なるべく内出血を生じないようにするためには、私達医師が丁寧に治療することはもちろん、注射した当日は熱いお風呂に長時間浸ったり、サウナに入らないこと、激しい運動はしないこと、お酒を飲みすぎないこと、注射した部位を必要以上に弄らないことなどが大切です。 当院では、注射用ヒアルロン酸は比較的アレルギー症状の出にくいものを使用しております。 そのため、ヒアルロン酸注射後にアレルギー症状が出ることは滅多にありません。 しかし、患者様の体質によっては、アレルギー症状が出る可能性は0ではありません。 ヒアルロン酸自体は元々体内にも存在する物質であるため、ヒアルロン酸そのものに対してアレルギーが生じることは考えにくいのですが、ヒアルロン酸製剤の基剤にアレルギー反応が起こる可能性があるからです。 どんなお薬でも、使う人の体質によってはアレルギーが生じる可能性があるように、どんなヒアルロン酸注射でもアレルギーが生じる可能性があります。 もし、アレルギー症状が出る場合は、注射後数分から数時間後に注射部位が赤く腫れ上がってくることが多いです。 数時間以内にアレルギー症状が現れなくても、数時間以上経過してから症状が現れる可能性もなくはありません。 万が一アレルギー症状が現れた場合、ヒアルロニダーゼで注入したヒアルロン酸を分解させるなど、最善の処置をさせていただきます。 ヒアルロン酸注射のリスク、副作用に、注入後の感染があります。 当院では、ヒアルロン酸注射をする際、注入部位の皮膚を消毒し、無菌操作下に行います。 また、使用するヒアルロン酸製剤は、滅菌処理済みで使用期限内のものを使用しています。 他院で行われているような、1本のヒアルロン酸を1回で使い切らず、余った残りのヒアルロン酸を取り置き保管し、後日また同じ患者様に残りのヒアルロン酸を注射するようなことは、当院では致しません(これを行うと、保管中に雑菌が繁殖し、注入時に感染症が起こる確率が上がるため、基本的にヒアルロン酸メーカーも推奨してません)。 1本のヒアルロン酸を複数の患者様に使い回したりすることもありません(これも感染症を起こす可能性があるため、メーカーは推奨していません)。 厳重な無菌管理下にヒアルロン酸注射を行えば、感染症を起こす可能性は極めて低いです。 しかし、どれだけ厳重に無菌管理下にヒアルロン酸注射を行っても、感染症を起こす可能性は0ではありません。 ヒアルロン酸注射後に感染症を起こす場合、注射当日から数日くらいで注入部位が赤く腫れて痛みが出てくることが多いです。 万が一感染症を起こした場合、抗生剤の投与等、最善の処置をさせていただきます。 ヒアルロン酸注射のリスク、副作用に、ヒアルロン酸注入後間もない時期に注入部位を過度にいじったり揉んだりすると、注入部位が腫れてくる可能性があるということがあります。 ヒアルロン酸は、注入してからその部位の皮膚や組織にある程度馴染んでくるまで2~3日かかります。 そのため、ヒアルロン酸注射後2~3日の間に過度に注入部位をいじったり揉んだりすると、注入部位の皮膚や組織に炎症が起こり、腫れてくることが稀にあります。 時々、患者様で、ヒアルロン酸注射後に注入部位が気になって気になって、注射当日や翌日に必要以上にいじったり揉んだりしてしまう方がいらっしゃいますが、その場合、いじったり揉んだりするのが度が過ぎると腫れてくることがあります。 美容整形した部位が気になる気持ちはわかりますが、気にし過ぎていじりすぎたりするのは逆によくありません。 もし、いじりすぎたり揉みすぎたりして腫れてきた場合、感染などが起こっていない場合は、数日程度安静にしていれば腫れは引いていくことが多いです。

次の