プロバイダ 乗り換え 解約 タイミング。 インターネット契約は2年ごとに乗り換えたほうがいいって本当?

乗り換えは月末のタイミングが鉄則!損をしない格安スマホの契約法

プロバイダ 乗り換え 解約 タイミング

BBnaviから確認する• メールや問い合わせフォームから確認する• とくとくBBお客様センターから確認する• 自動メールで確認する 基本的には、それほど手間は掛かりませんが、中には入力が必要なこともあるので、下の詳しい解説をしっかりと把握して行いましょう。 方法1. BBnaviから確認する こちらの方法は、BBnaviにログインして確認する方法です。 BBnaviにログインが完了したら「現在ご利用中のサービス」を選択すれば確認ができます。 方法2. メールや問い合わせフォームから確認する 契約更新月の確認は、メール「info gmobb. jp」やとくとくBB問い合わせフォームから確認ができます。 ただしこれらの確認には、とくとくBB会員IDの入力が必要となります。 方法3. とくとくBBお客様センターから確認する 手っ取り早く、とくとくBBお客様センターに電話して、契約更新月を聞く方法もあります。 なお、とくとくBBお客様センターの電話番号は「0570-045-109」です。 こちらに問い合わせすれば、確認ができます。 方法4. 自動メールで確認する 実は、GMOでは契約更新月の1カ月前に、自動メールで契約更新月をお知らせしてくれます。 もしも、このメールがあなたの元に届いていれば、こちらから確認ができます。 GMO WiMAXの解約方法 それでは、具体的なGMOのWiMAXの解約方法を解説していきます。 解約は以下の3つの方法で行えます。 ウェブサイトBBnaviから解約• メールで解約• 電話で解約 電話で話すことが苦手な人は、ウェブサイトやメール、手続きをすぐに行いたいなら、電話で解約するとよいでしょう。 ただし、解約する前にはいくつかの注意事項を、確認しておく必要があります。 しっかりと確認したうえで、解約に踏み切ってください。 方法1. ウェブサイトBBnaviから解約 こちらは、BBnaviにログインして解約する方法です。 手順としては、BBnaviでIDとパスワードを打ち込んでログインをします。 そして、「サービス・オプションの削除・解約」をクリックして、表示されたページの会員IDの横にある「解約ボタン」を押せば完了です。 なお、こちらは契約更新月、もしくは契約更新月前月にのみ行える方法であり、それ以外であれば、解約ボタンが表示されないため解約ができません。 したがって、それ以外の月であるなら、別の方法で行ってください。 方法2. メールで解約 BBnaviで解約できないときには、メールにて解約ができます。 詳しくは、メールで「info gmobb. jp」へ解約したいと伝える方法と、とくとくBBお問い合わせフォームから行う方法の2つがあります。 なおメールの場合には、該当のアドレスから返信が来るので、受信ができるように設定する必要があります。 また、お問合せフォームの場合から手続きをする場合は、とくとくBB会員IDの入力が必要です。 方法3. 電話で解約 BBnaviやメールでの解約が面倒なときには、電話をして解約もできます。 その場合には、とくとくBBお客様センター「0570-045-109」へ電話で問い合わせすればOKです。 方法4. GMOとくとくBBの解約時の注意点 GMOとくとくBBは、BBnavi、メール、電話の3つの方法で解約できますが、注意しなければならない点があります。 それは、解約手続きをする期間とSIMカードの返却、端末本体は返却不要であることの3つです。 以下で詳しく解説するので、しっかりと理解してから手続きに移ってください。 解約手続きをする期間に注意 解約手続きをする期間とは、契約更新月の前月21日から、当月20日までの間を指します。 このタイミングであれば、解約手続きを行ったときに契約解除料が掛からないので、必ず守るようにしましょう。 ただし、BBnaviから手続きを行いたいときには、請求作成期間中である毎月1日~10日頃は解約ができません。 そのため、請求作成期間以外で行ってください。 SIMカードの返却 解約の手続きを行ったあとには、SIMカードをGMOとくとくBBまで送付する必要があります。 なお、もしもSIMカードの返送が確認できない場合、SIM損害金として3,000円(税抜)を請求されます。 また、この請求が行われれば、そのあとにSIMカードを送付しても、請求がなくなることはありません。 よって、必ず送付することを忘れないようにしてください。 ちなみに、SIMカードの返送にかかる費用は、ユーザー負担となるのでこちらも理解しておきましょう。 端末本体は返却不要 SIMカードのように、端末本体も返却が必要なのではと思われるかもしれませんが、こちらは返却不要です。 そのため、各自で保管もしくは廃棄してください。 GMO WiMAXの解約金はいくらかかる? 人によっては、契約更新月で解約することもありますが、それ以外のときに解約することもあり得ます。 そこで、ここではそんな人のために、解約違約金について解説しましょう。 GMOのWiMAXは、契約更新月で解約すれば違約金は発生しませんが、それ以外では支払う必要があります。 また、この解約違約金は解約をいつしたのかで額が異なります。 具体的には、1ヶ月目~12ヶ月目まで、13ヶ月目~24ヶ月目まで、26ヶ月目以降の解約の3つの場合で、それぞれ変わってきます。 個々の場合で、どれぐらいの解約違約金となるのかを把握しておきましょう。 1ヶ月目~12ヶ月目までの解約の場合 1ヶ月目~12ヶ月目と、契約してすぐに解約する場合には、解約違約金は高くなってしまいます。 そのため、できればこの期間中での解約は、避けたほうがよいでしょう。 13ヶ月目~24ヶ月目までの解約の場合 13ヶ月目~24ヶ月目までの解約では、解約違約金は少し下がった額になります。 やむを得ない事情がある場合は、この額は致し方ないかもしれません。 これぐらいの解約違約金であれば、比較的負担なく解約できるでしょう。 契約更新月以外では、できればこの期間に解約すべきです。 乗り換えにおすすめのWiMAXプロバイダ GMOのWiMAXを解約して、ほかのプロバイダへの乗り換えを検討している人もいるでしょう。 こちらでは、乗り換えようとしている人のために、おすすめのWiMAXプロバイダ5社を紹介していきます。 現在の会社よりも、安いプランや充実したサービスの会社に乗り換えて、よりネットサーフィンを楽しんでください。 カシモWiMAX【業界最安級】 出典:• 業界最安級の月額料金• 通信容量無制限で使用可能• 最新機種が利用可能 の特徴は、なんといっても月額料金の安さです。 1ヶ月目の 月額料金が1,380円~と設定されており、 月額料金を少しでも抑えて利用したい方に特におすすめです。 WiMAXはauを展開するKDDIの子会社であるUQコミュニケーションズが提供しているサービスで、はそのサービスの販売代理店を担っています。 これを「プロバイダ」と呼びます。 販売代理店を通すと月額料金が高くなるイメージがあると思いますが、カシモWiMAXはテレビCMではなくネット上で宣伝を強化しているため、高額な広告費を使っていません。 契約が増えると販売代理店として報酬も増えるため、契約数が多ければ多いほど1,380円という金額を維持しやすく、お得なキャンペーンも実施ができるのです。 WiMAXはどのプロバイダで契約しても品質が変わらないため、月額料金が安くて、通信速度も速いプロバイダを選ばない手はありません。 通信は安定しており、「速度が遅い・繋がらない」といった問題はあまり起こらないでしょう。 「最安値プラン」の場合は、無制限のギガ放題プランで初月無料、2ヶ月目~1,380円のとってもお得なキャンペーンも実施しているので、要チェックです。 キャッシュバックキャンペーンはありませんが、月額費用が業界最安級なので WiMAXの中で最もおすすめのプロバイダです。 S BoJuSbnnxdbgPx3 やはりユーザーからは「キャッシュバックがない代わりに月額料金が抑えられている」という点が支持されているようです。 他にも契約年数やポケットWiFiならではの利便性をメリットと考えている方が多いようですね。 UQ WiMAX 出典:• キャッシュバックキャンペーンを実施• auのスマホを使っていればお得• ギガ放題プランあり! テレビCMでもお馴染みのも、auの回線を使ったWiMAXサービスです。 カシモWiMAXと同じようにギガ放題プランがありますが、料金は月々4,380円かかります。 auのスマホを契約していれば、 スマホ代が月額最大1,000円安くなる「auスマートバリュー」というキャンペーンがあります。 様々なキャッシュバックキャンペーンを時期に応じて行っているため、お得なタイミングで契約するのがよいでしょう。 UQ WiMAXの口コミ・評判 おすすめの組み合わせは電話だけのプランがあるIIJmioとWiMAXですね。 IIJmioが920円で、WiMAXはUQ WiMAXなら4369円だけど、とくとくBBとか安いところを利用すればインターネットし放題で速度も早いのに合算して5000円切るとか行けそうなんで、めちゃおすすめっすよ。 でも2つのデバイス持ち歩くのが— タオタオ taotao1974 YmobileWiFiは本当に駄目だ。 つなぎ放題のアドバンスモードの説明が足りない。 通信制限あるやん。 UQWiMAXをおすすめするよ。 本当に。 — KIYONO kiyono0108 UQ WiMAXも 通信速度や月額料金といった面での評価が高いようです。 また、プラン変更が自由にできたり、月380円で盗難・紛失時の保障、端末修理サービスもつけることができる、CMを多く打っているのでユーザー認知度が高いといった「安心感」も高評価の理由といえるでしょう。 そもそも他社にも回線・端末を提供しているUQ WiMAXはドコモやY! mobileといった他社回線よりも速度が速く、料金が抑えられています。 ぜひUQ WiMAXを利用してお得にインターネットを楽しんでくださいね。 自動更新なしの1年契約がある• 口座振替が選べる• そのため、初めてWiMAXを契約する方や短期間だけWiFiを使いたい方でも安心して契約可能です。 さらにキャンペーン期間中は、 15,000円のキャッシュバックをもらうことができます。 サービス開始翌月という短い期間で現金キャッシュバックが受け取れるので、引越し等で現金が欲しい方にもおすすめのWiMAXプロバイダです。 So-netならではの充実サポート• au・UQモバイルとのセット割引がある So-netは、SONYの子会社が運営する老舗プロバイダです。 老舗プロバイダのため信頼性は高く、多くの人が利用している人気のWiMAXプロバイダです。 人気の秘密は、「So-netならではの充実したサポート」と「au・UQモバイルとのセット割引」の2つに分けられます。 So-netでは、WiFiの設定を行ってくれる「So-net 安心サポート」といったサポート体制がかなり整っています。 そのため、インターネットやWiMAX初心者の方でも相談しながら安心して使えます。 また、auスマホやUQモバイルのスマホを契約していると、月額料金が割引になるサービスもあります。 auスマホの場合は月額最大1,000円、UQモバイルのスマホの場合は月額最大500円の割引です。 割引は毎月続くので、通信料金を抑えたい方にもSo-netモバイルWiMAXはおすすすめできます。 nifty WiMAX 出典: 2019年4月から始まったのキャンペーンでは、30,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。 初回の端末購入なら端末代金は1円で、送料は無料です。 また、これはギガ放題の3年プランを契約したときの料金です。 そして、3年間の平均月額料金は、約3,508円になります。 キャッシュバックもほかのプロバイダよりも早く、契約後9カ月目に行われるのが特徴です。 この2カ月無料キャンペーンはギガ放題3年契約のときに適用されます。 DTIでは2年契約も行っています。 多くのプロバイダが3年契約であるのに対して、2年契約なため契約期間が短い方がよいという人にはおすすめです。 また、3年経過後も月額料金が上がることがないことから、1つのプロバイダを長く利用したい人にはおすすめです。 3年間の平均月額料金は、約3,518円です。 WiMAXから固定回線に乗り換えたい方は、した記事もぜひ読んでみてください。

次の

プロバイダのみの乗り換えをお得にする方法!おすすめはこれだ!

プロバイダ 乗り換え 解約 タイミング

プロバイダの利用料金が変わる• 回線速度が変わる• プロバイダメールアドレスが使えなくなる• 050で始まるIP電話が使えなくなる• プロバイダオプションの解約を忘れない それぞれ詳しくチェックしていきましょう。 プロバイダ乗り換えの注意点1:プロバイダの利用料が変わる プロバイダ料金が別途請求される NTTのフレッツ光やプロバイダによって料金プランが変わる ドコモ光を利用しているときは、プロバイダを変更することで毎月のインターネット料金が変わります。 プロバイダを変更して月々のインターネット料金がリーズナブルになるのは良いのですが、選択するプロバイダによっては毎月の負担が割高になることもあります。 かならず料金シミュレーションをして、プロバイダ変更後の料金を把握しておきましょう。 プロバイダ乗り換えの注意点2:回線速度が変わる プロバイダによっては IPv6が利用できるv6プラスなどの接続方法を提供していることがあり、通信速度の大幅な改善につながることもあります。 新しくプロバイダを契約する場合は、 IPv6接続やv6プラス接続が利用できるプロバイダの契約がオススメです。 プロバイダ乗り換えの注意点3:メールアドレスは変更するか別途契約が必要になる 大抵のプロバイダでは、自社ドメインでメールアドレスを提供しています。 プロバイダを変更すると、 プロバイダが提供するメールアドレスは使えなくなりますので、仕事やプライベートでプロバイダ提供のメールアドレスを使っている人は困ってしまいますよね。 プロバイダを変更する前にメールアドレスを他のドメインに変更するか、プロバイダ解約後もメールアドレスが利用できるように別途契約する必要があります。 なお、 メールアドレスのみの別途契約は月額200円程度です。 プロバイダ業者によっては、メールアドレスのみの契約ができないこともありますので、かならずプロバイダ解約前にチェックしてください。 プロバイダ乗り換えの注意点4:プロバイダを乗り換えると050で始まるIP電話は利用できなくなる プロバイダが提供した050で始まるIP電話番号を使用している場合は、プロバイダを解約すると利用できなくなってしまいます。 メールアドレスのように、別途契約で解約後も使用できるようにするということはできませんのでご注意ください。 プロバイダ乗り換えの注意点5:プロバイダオプションの解約を忘れない インターネットプロバイダによっては、プロバイダ自体の解約はできても、 別途プロバイダオプションの解約をしなければオプション料金が発生し続ける場合があります。 プロバイダを乗り換える際は、利用していたプロバイダのオプション解約も忘れないよう気を付けましょう。 プロバイダの乗り換え手順(乗換方法) インターネットプロバイダの乗り換え手続きは、次の2ステップです。 乗り換え先のプロバイダに新規申し込みを行う• 乗り換え先のプロバイダの利用開始日が決まったら、利用開始日に合わせて利用中のプロバイダを解約 プロバイダから提供されている機器の返却方法について案内されますので、指定された方法で期日までに返却すればOKです。 プロバイダ変更費用が発生する場合もある プロバイダによっては最低利用期間が決められており、 最低利用期間内に解約すると違約金を請求されることがあります。 また、 利用期間に関わらず変更手数料(解約手数料)が請求されることもあります。 プロバイダを変更しようか迷っているときは、まずは 現在利用中のプロバイダのカスタマーサービスに電話をかけ、解約時の手数料と手数料発生条件について問い合わせしましょう。 プロバイダの乗り換えをする場合は設定変更が必要 プロバイダを変更すると、 新たに契約したプロバイダからインターネット接続機器が送付されます。 同封されている説明書に沿って機器を取り換え、パソコンで接続設定も済ませてください。 プロバイダの乗り換え時は工事は必要ない プロバイダの乗り換えは、工事不要で実施できます。 工事不要ですから立ち会いも不要ですので、忙しい方も気軽にプロバイダを変更できますね。 プロバイダ乗り換えがオススメなタイミング プロバイダによっては最低利用期間が決まっていることがありますから、解約金が発生しないタイミングで乗り換えることをオススメします。 また、乗り換え先のプロバイダでお得なキャンペーンを実施しているときも、プロバイダ変更のベストタイミングです。 タイミングを見極めて、賢く乗り換え手続きをしてくださいね。 【インターネット回線別】オススメプロバイダと乗り換え方法 プロバイダによっては、さまざまなキャンペーンと提供しています。 プロバイダの乗り換え時は、お得なキャンペーンを比較して乗り換え先を選んでくださいね。 各プロバイダで実施しているキャッシュバックサービスとキャンペーンは以下のとおりです。 フレッツ光のプロバイダ変更方法 フレッツ光のプロバイダを変更したいときは、まずは 乗り換え先のプロバイダに連絡して契約を申し込みましょう。 その後、 現在利用中のプロバイダの会員ページから解約手続きを実施してください。 新規契約したプロバイダから送付されるIDとパスワードを使って、プロバイダ変更日以降に設定変更すれば乗り換え完了です。 フレッツ光のオススメプロバイダはBB. excite・Ocn・So-net・ASAHIネット フレッツ光ではプロバイダ料金は別途請求されますので、月額料金がリーズナブルなプロバイダがお得です。 exciteは戸建てでもマンションでも月額500円(フレッツ光の提携プロバイダ中、最安値)で使えますので、インターネット料金をもっともお得にできるプロバイダです。 料金にこだわる方は、BB. exciteを選びましょう。 また、人気があるということは、信頼性があるということです。 フレッツ光の提携プロバイダの中ではASAHIネット・OCN・So-netが人気を博しています。 以下の記事ではフレッツ光のオススメプロバイダについて紹介していますので、併せてご参考ください。

次の

インターネット解約は何日前が確実?知っておきたい失敗しない方法まとめ。

プロバイダ 乗り換え 解約 タイミング

「もっと通信速度のよいプロバイダーを利用したい!」「もっと安い料金でプロバイダーを利用したい!」「もっとセキュリティサービスが充実したプロバイダーを利用したい!」そんな思いからプロバイダーの乗り換えを考えたことはありませんか? 「でも、乗り換えのために工事をするのは面倒だし……」と考えているのなら、それはちょっと違います。 プロバイダーの乗り換えをする際、工事が必要ない場合があるってご存知でしたか?今回はプロバイダーを乗り換える方法とその手順をお伝えします。 プロバイダーの乗り換えとは? プロバイダーとはインターネット接続業者のことです。 つまり、ADSLや光回線などの回線を利用してインターネットに接続するためのサービスを提供している業者です。 プロバイダーの乗り換えとは、その業者を変えることです。 回線を変えることとは別なので、それまで利用していたADSLや光回線はそのまま使えます。 たとえばインターネットに接続するために新規にフレッツ光を利用するとなると、プロバイダーと新規に契約するのと同時に、NTT東日本・西日本と回線を利用するための契約もします。 この状態からプロバイダーを乗り換える場合、すでに回線はつながっているので、新しく回線の契約をする必要も、工事をする必要もありません。 プロバイダーを乗り換えても、インターネットの設定を変更するだけで以前と同じ回線がそのまま使えます。 プロバイダーを乗り換える手順 プロバイダーを乗り換える際の手順ですが、まずは乗り換え先のプロバイダーに申し込みをします。 インターネットから申し込めば、だいたい申し込みから3日~1週間程度で利用できるようになります。 次に現在使用しているプロバイダーの解約手続きをしましょう。 解約はインターネット上で行えるプロバイダーもありますが、解約窓口に電話をしなければならないプロバイダーも多いです。 その場合、電話をして書類を送ってもらい、それを返送して解約完了となります。 最後に、乗り換え先のプロバイダーからプロバイダーカウントのIDとパスワードが届いたら、パソコンでインターネットに接続するための設定をします。 プロバイダーを乗り換える際の注意点 まずプロバイダーを乗り換えるとそれまで使用していたプロバイダーのメールアドレスが変わります。 メールアドレスだけを利用できる契約もありますが、その分の料金はかかることになります。 また、乗り換え前のプロバイダーの解約日と、乗り換え先のプロバイダーでインターネット接続ができるようになる日をうまく調整しないと、インターネットに接続できない空白期間ができてしまいます。 日常的にインターネットを使っている人は空白期間ができないように各プロバイダーにスケジュールを確認して、うまくスケジュールを調整しましょう。 実は重要!プロバイダーを乗り換える時に考えたいルーターのスペック プロバイダーを乗り換える時に気になるのが通信速度です。 しかし、プロバイダーを乗り換えただけでは、せっかくの新しいプロバイダーのポテンシャルを活かしきれていないかもしれません。 実は通信速度に大きく影響するのがルーターのスペック。 特に注目すべきポイントは4つです。 通信規格は高速通信に対応しているか?• 最大通信速度は高速か?• ルーターのアンテナ性能(電波強度)は十分か?• 接続方式はIPv6 IPoEか? あなたがお使いのルーターは上記の要件を十分に満たしていますか? 新たに光回線の開通を検討している方に朗報! をご存知でしょうか?国内で500万回線を突破しているドコモ光の特徴は安定したドコモ光の回線スピードと、それを活かす最新鋭のルーターがずっと無料で使えることです。 通常の光回線サービスですとルーターが付属していない、もしくは付いていたとしても光回線が開通した後にルーターが送られてきます。 この最新鋭のルーターの接続方式は、もちろんIPv6 IPoE。 従来の接続方式IPv4 PPPoEでは経由しなければならなかったNTTの基地局からプロバイダへの回線経路「網終端装置」を通らずともインターネットへ接続できるため、光回線が本来持っている速度を引き出しやすくなります。 そして、このルーターはIPv4にしか対応していない、Webサイトにも接続可能です。 さらに、ドコモのスマホ回線を契約している方は毎月最大2,251円も通信費用を抑えることが可能です。 また、ドコモ光では、15,000円のキャッシュバック特典や、工事費最大18,000円が無料になる特典もございます。 この機会に是非一度、特典内容をご確認ください。

次の